日本代表、苦戦を招いた6つの要因。反省点ばかりの初戦、“自作自演”の逆転勝利【西部の目】

日本代表は9日、AFCアジアカップ・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦した。最終的に3-2と勝利したものの、先制を許す展開を強いられている。特に前半は低調だった。(取材・文:西部謙司【UAE】)

2019年01月10日(Thu)11時10分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

「こうなってはいけない」典型のような前半

日本代表
悪い見本のような前半を過ごした日本代表【写真:Getty Images】

「初戦は難しい試合になると思っていましたし、厳しくなるとチームで共有していました」

 森保一監督が試合後に話していたとおり、アジアカップの初戦で日本がベストパフォーマンスをみせたことは過去にもほとんどない。準備期間が限られているのはいつものことで、今回はそれでもましなほうだが、コンディションが不揃いなのはやむをえない。しかし、「それにしても」という前半だった。

 トルクメニスタンの引いてカウンター狙いが明白だったにしては、どんな準備をしていたのかと思うぐらいの、「こうなってはいけない」という悪い見本のような前半だった。列挙してみる。

・引かれてスペースがない場合の攻撃アイデアが少ない
・攻撃スイッチのはずの縦のクサビが入らない
・ニアゾーンがとれず、チャンスを量産できない
・攻守ともに切り替えが遅い
・球際で劣勢
・リスクマネージメントが不十分でまともにカウンターを受ける

 0-1で折り返したのも、むしろ納得という展開になっていた。30度超の暑さも後半には気温が下がり、トルクメニスタンのスタミナ切れから3点を奪って勝負をつけたが、PKで1点を献上。3-2というスコアから想像される好試合ではなく、日本の自作自演ともいえる内容だった。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top