酒井宏樹が感じる「後ろの責任」。初戦の失点を反省

2019年01月13日(Sun)8時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

酒井宏樹
酒井宏樹【写真:Getty Images】

 日本代表は12日、アジアカップ第2戦オマーン戦に向けた前日練習に行った。DF酒井宏樹は初戦の内容を踏まえ、「後ろの責任」を感じて試合に臨む。

 日本代表は初戦のトルクメニスタン戦で勝利したものの、2失点を許した。

 このゲームを振り返って酒井は「僕らがゼロに抑えていれば簡単な試合になった。1点入れられたことで難しい試合になった。そこは後ろが責任を持ってやらなければいけない」と語る。

「もちろんチーム全体も考えないといけないですけど、後ろと前でわかれることも絶対必要。後ろには後ろの責任があるし、前には前の責任があるので。そこは強い責任感を持って」と、トルクメニスタン戦の苦戦の責任は守備陣が背負う考えだ。

 FW大迫勇也はオマーン戦の出場が難しいかもしれない。ただ、これには全体でカバーする。

 酒井は、「チームなんで、そういう状況はある」と語り、「サコ君がケガじゃなくて、累積の場合もありますし。誰もが存在感のある選手だと分かっていますが、そういう状況は絶対にある。逆にそういう状況で出る選手はすごく燃えるはずなので、そういう相乗効果に期待したい」と、エース不在も前向きに考えている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top