C大阪退団の37歳茂庭照幸、JFLのFCマルヤス岡崎へ。「俺はまだまだやれる!」

2019年01月28日(Mon)16時23分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

茂庭照幸
茂庭照幸【写真:Getty Images】

 2018シーズン限りでJ1のセレッソ大阪を退団した元日本代表DF茂庭照幸は、JFL(日本フットボールリーグ)のFCマルヤス岡崎に完全移籍することが決定した。28日に両クラブから発表が行われている。

 現在37歳の茂庭は1999年に湘南ベルマーレに入団してプロデビュー。2002年に移籍したFC東京で8年間を過ごし、同クラブ在籍中には日本代表でもプレーして2006年ワールドカップにも出場した。

 C大阪には2010年に加入。2014年にタイのバンコク・グラスFCへ移籍したあと翌年C大阪に復帰し、経験豊富なベテランとしてチームのJ1復帰に貢献した。昨季は公式戦出場ゼロに終わり、契約満了により退団することが発表されていた。

「まだまだサッカーがしたいと強く思っていましたが、中々次のチャンスがない中、マルヤス岡崎が僕にチャンスを与えて下さいました。色々な方の御尽力のお陰で、まだサッカーが出来るんだという感謝の気持ちをピッチで表していきます。俺はまだまだやれる!やってやるぜ!」と茂庭はFCマルヤス岡崎公式サイトでコメントしている。

【了】

新着記事

↑top