FC東京、最大の補強は…。久保建英も飛躍なるか、長谷川監督体制で勝負の2年目【2019年Jリーグ補強診断】

2019年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、長谷川健太監督体制2年目のFC東京を取り上げる。

2019年02月12日(Tue)10時00分配信

シリーズ:2019年Jリーグ補強診断
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

主力はほぼ残留

190208_hasegawa_getty
FC東京の長谷川健太監督【写真:Getty Images】

 昨季は前半戦から好調で、サンフレッチェ広島には及ばなかったが首位争いをリードする存在だった。夏場以降に失速し、8月から10月にかけて8試合未勝利を経験。最終順位6位と、優勝争いから脱落している。それでも、この年から就任した長谷川健太監督の下、チームはハードワークを惜しまない集団となった。2018年に掴んだ手応えを確信に変えるためにも、今季は結果が求められる。

 13ゴールを挙げたディエゴ・オリヴェイラは期限付き移籍から完全移籍へ移行し、最大の補強と言えるだろう。引き続きエースストライカーとして期待がかかる。また、彼以外の得点源も欲しいところ。サガン鳥栖から加入した東京五輪世代のFW田川亨介は首都クラブでさらなる飛躍を遂げられるか、注目だ。アタッカー陣には永井謙佑もおり、タイプの異なる選手をいかに組み合わせるかも重要になる。

 横浜F・マリノスへの期限付き移籍を終えて復帰した久保建英も、今季は勝負の1年となる。長谷川監督の要求に応えながら、持ち前の攻撃センスは発揮したいところだ。

 昨季の主力はほぼ残った。米本拓司が名古屋グランパスに完全移籍したのは痛かったものの、新加入のアルトゥール・シルバらがボランチ争いを活性化できれば、クオリティは落ちないのではないか。

【次ページ】補強・総合力診断

1 2

新着記事

FChan TV

↑top