日本と対戦のコロンビア、主力2人が離脱。GKオスピナとMFキンテーロが欠場

2019年03月18日(Mon)12時45分配信


Tags: , , , , , , , , , ,

ダビド・オスピナ、フアン・キンテーロ
ダビド・オスピナとフアン・キンテーロ【写真:Getty Images】

 コロンビアサッカー連盟(FCF)は17日、今月行われる国際親善試合に向けた招集メンバーからナポリのGKダビド・オスピナとリーベル・プレートのMFフアン・フェルナンド・キンテーロが負傷のため離脱し、代役として2選手を招集することを発表した。

 オスピナは17日に行われたセリエA第28節のウディネーゼ戦で負傷。序盤に接触プレーで頭を打ったあと、一旦プレーを再開したが、前半終了間際にピッチに倒れ込んで交代を余儀なくされた。深刻な状態ではないとのことだが、検査のため入院している。

 昨夏のロシアワールドカップで日本代表と対戦した際に直接FKでゴールを記録していたキンテーロは、17日に行われたアルゼンチンリーグ第23節のインデペンディエンテ戦で負傷交代し、左ひざ前十字じん帯の断裂という診断結果がクラブから発表された。長期の離脱が見込まれることになる。

 両選手の代役として、FCFはGKアルバロ・モンテロ(デポルテス・トリマ)とFWジミ・チャラ(アトレチコ・ミネイロ)の招集を発表している。コロンビア代表は22日に横浜で日本代表と、26日にソウルで韓国代表と対戦する。

【了】

新着記事

↑top