泣きっ面に蜂…チェルシーを襲う絶望の数々。しかし、復活の芽はある! 鍵は“ランパード”【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

チェルシーの未来は暗い。ピッチ上での苦戦のみならず、移籍市場でもペナルティーやらローン人数制限やらで頭を抱え、主力の移籍の噂も絶えない。それでも、補強禁止期間を有効活用すればリスタートの芽がないわけではない。その鍵を握るのが、あのレジェンド「フランク・ランパード」だ。(文:粕谷秀樹)

2019年03月29日(Fri)10時20分配信

シリーズ:粕谷秀樹のプレミア一刀両断
text by 粕谷秀樹 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ローン選手は6~8人に? チェルシーは41人…

190328_chelsea2_getty
オーナーのロマン・アブラモヴィッチ氏【写真:Getty Images】

 弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂……いやはやチェルシーは散々だ。19歳以下の選手を獲得する際に重大なルール違反があったとして、19年夏から二年にも及ぶ補強禁止のペナルティーは解除されそうもない。

 選手の士気にも影響し、特にダビド・ルイスとマルコス・アロンソは精彩を欠いている。彼ららしくないインテンシティの低さ、ファイティング・スピリットの欠如……。チェルシーの将来に絶望しているのだろうか。

 無理もない。本稿執筆時点でプレミアリーグのトップ4入りはなかなか難しく、ヨーロッパリーグもまだベスト8だ。優勝候補筆頭に挙げられているが、やはりナポリは超コワイ。アーセナルを破ってベスト4に進出する可能性が高く、チェルシーとは決勝で相まみえるケースが十分に想定できる。

 マウリツィオ・サッリ監督がナポリをよく知っているとはいえ、ビッグファイトでは経験も実績も敵将カルロ・アンチェロッティが上まわる。D・ルイスとM・アロンソは、ヨーロッパリーグで優勝してチャンピオンズリーグへ、とは考えられないようだ。

 また、UEFAが実行に移そうとしているローン選手の上限枠も大問題だ。UEFAの目論見は6~8人。チェルシーは41人。30人以上もの開きがある。補強が禁止され、ローンの人数も極端に減らさなくてはならないだと!? この先いったいどうなるんだ!? 選手たちがピッチに集中できる環境ではない。

 しかもオーナーのロマン・アブラモヴィッチが、補強禁止処分に関してもローンについても一切コメントしていない。代弁者であるはずのマリアナ・グラノフスカヤCEOも沈黙を貫いている。ピンチを迎えているにもかかわらず、上層部が態度を明らかにしないのだから、選手たちはさぞかし不安だろう。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top