久保建英、一撃必殺の切れ味。誰もが脱帽する『質の違い』、勢いをさらに加速させるには?

2019年05月01日(Wed)11時31分配信

text by 下河原基弘 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

全得点に直結するプレー

 指揮官は「基本的にキッカーが決まっているのでディエゴが主導権は持っているのですが、あとはディエゴの判断だったと思っています。ただ2点目が入らなければ今日の試合もどうなるか分からなかったので。そういう意味では取った選手が蹴ると意外と外すことも多いので、東京の場合はキッカーを指名して、必ずその選手が主導権を握りながらPKを蹴ることにしています」と事情を説明し、「まあ、しょうがないですね。またがんばって点を取って欲しいなと思っています」とエールを送った。

 長谷川監督に「建英に1点なんとか取ってほしかったのですが。それくらい今日の試合は非常にキレがあり、彼から攻撃の起点になっていましたし、素晴らしいプレーをしてくれたと思っています」とまで言わしめた若武者。シンプルかつ最小限のボールタッチで、全得点に直結するプレーを披露したが、それは対戦相手にはどのように見えていたのだろうか。

 松本のMF宮阪政樹は「基本的な技術とか判断とか、とても優れているので、そこの1発のところでやられたというのがあると思います。1発で結果を残されてしまった」と、1つのプレーが致命傷となる天才の怖さについて語った。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top