香川真司、長友佑都は「圧倒的な存在感」。「一緒に戦えてよかった」

2019年05月06日(Mon)8時08分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

香川真司
ベシクタシュの香川真司【写真:Getty Images】

【ガラタサライ 2-0 ベシクタシュ スュペル・リグ第31節】
 
 トルコ・スュペル・リグ第31節、ガラタサライ対ベシクタシュが現地時間5日に行われた。試合はアウェイのベシクタシュが0-2で敗れた。ベシクタシュのMF香川真司は75分からプレー、試合後には取材に答えた。

 0-2の状況でピッチに入った香川は「アデム・リャイッチとともにボール受けながら、できたらいいなと思ってたんですけど。試合中話をしながらね。ただやっぱり、ちょっと時間が少なすぎたなと思うし、もっとやれることはたくさんあったのかなと。そういう意味ではちょっと悔しかったですけどね、時間的にね」と試合を振り返った。

 現状について「ファーストチョイスとしては見てないのかな」と語る香川は「特に、守備なのかわからないですけど、途中から入ってる中で、まあ序列というのは分かれている部分は非常にあるので、それを補うために、日々トレーニングして試合でやり続けていくだけなんで。毎週、毎日、毎試合、そこで監督に信頼を得られるように、それを悔しさに変えて、パワーに変えてやるだけだと思っているので」と今後も積極的にアピールしていく事を誓った。

 ボルシア・ドルトムント時代にはシャルケとのレヴィアダービーを体験していた香川だが、「なかなか味わえない雰囲気だったし、試合前も含めてほんとに最高の雰囲気でやれるんだなと思いながら試合を見てたので、もう少し時間が欲しかったなと思いますけど」とイスタンブール・ダービーの印象について語った。

 さらにガラタサライの長友佑都については「責任感あるプレーというか、カバリングはさぼらずやっていたし、絶対的にミスを犯さずに自分のサイドはやられていなかったというのを見ると、それが信頼されている証拠だとおもうし、圧倒的なあらためて存在感というのをね、見ながら感じていたので。ここで生き抜くこともタフだと思うし、それは僕自身も感じているんで。それをやり続けるのは、それだけのトレーニング、準備をしているからかなと思います」と印象を語った。

 続けて「刺激になりましたね。一緒に戦えてよかった、戦えて、勝ちたかったけど。きょうは負けたけど、次勝てるように頑張っていきたい」と話した。

(取材:本田千尋【イスタンブール】、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top