トッテナム対アヤックス、運命を握るのはやはり…。歴史を刻むのはどっちだ【CL準決勝プレビュー】

チャンピオンズリーグ・準決勝2ndレグ、アヤックス対トッテナムの一戦が現地時間8日に行われる。1stレグは1-0でアヤックスが制しているが、トッテナムはこの試合でソン・フンミンが復帰するなど、勝負の行方はまだまだわからない。ワンダ・メトロポリターノで行われる決勝へ駒を進めるのは果たして。

2019年05月08日(Wed)10時20分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

実はアヤックスはホームが苦手?

190507_2_getty
アヤックスをけん引する19歳の主将マタイス・デ・リフト【写真:Getty Images】

 まだ完成して間もないトッテナム・ホットスパー・スタジアムでのチャンピオンズリーグ(CL)・準決勝1stレグを制したのは、若きタレント集団・アヤックスだった。同クラブは立ち上がりから積極的にプレスをかけにいき、相手のビルドアップをうまく阻止。セカンドボールへの反応も素早く、手数をかけない鋭い攻撃も見事にハマっていた。

 15分にはハキム・ジエクからの縦パスを受けたドニー・ファン・デ・ベークがGKウーゴ・ロリスとの1対1を冷静に制してアヤックスが先制に成功。貴重なアウェイゴールを奪った。

 その後はトッテナムに攻められる時間帯も続いたが、守備陣は最後まで集中を切らさず、失点を許さない。反対に、カウンターからダビド・ネレスがポスト直撃のシュートを放つなど、少ない攻めの時間をうまく活用し、トッテナムを苦しめた。

 試合はこのまま終了。アヤックスは敵地で貴重な1-0の勝利を挙げたのだ。

 迎える2ndレグ。舞台はヨハン・クライフ・アレナだ。しかし、ホームということもあり、アヤックス有利との見方が当然強くなるが、案外そうではないのかもしれない。事実、アヤックスはCLにおいて現在ホームで3戦連続未勝利となっている。さらにいずれの試合も失点を喫しているなど、トッテナムとの2ndレグへ向け不安がないと言えば嘘になる。対戦相手がバイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリー、ユベントスであったとはいえ、この成績は少し気になるところだ。

 また、今季のCLにおいてアヤックスが2ndレグをホームで迎えるのは今回が初めてとなる。これまでの2ndレグはすべてアウェイだったため、ある程度、失点覚悟で前に出ることができた。しかし、今回は状況が異なる。アウェイゴールを取られれば、かなり厳しい立場に置かれてしまうからだ。1-0という不気味なスコアも、アヤックスにとっては厄介なものとなるかもしれない。

1 2 3

新着記事

↑top