史上最強の2位リバプールはなぜあんなにも強かったのか? 奇跡のチームの戦術を超えた強さ

2019年05月14日(Tue)11時36分配信

text by 内藤秀明 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

昨季の不安定さを完全に払拭

サディオ・マネ、モハメド・サラー
ともに22ゴールを挙げ得点王に輝いたマネとサラー。やはりリバプールの攻撃陣は強力だった【写真:Getty Images】

 新加入選手はフィットするまでに時間がかかったが、既存戦力を上手く活用しつつ、昨シーズンまでのカウンター一辺倒ではなく、ポゼッションも織り交ぜたサッカーでリバプールは得点を重ねた。

 結果サディオ・マネとモハメド・サラーは、アーセナルのピエール・エメリク・オーバメヤンと22ゴールで並び得点王を受賞した。ただ余談だがマネの22ゴールのうちPK0本だ。そのため実質マネこそがゴールデンブーツ賞を受賞するのに相応しいという声もある。いずれにしても得点王を2人も輩出するほどに今季のリバプールの攻撃陣は強力だった。

 フィルミーノを含めた前三枚に点を取らせるためには、彼らを前線に残す必要がある。そのために中盤の3枚がハードワークで彼らの前残りをサポートした。特にジェイムズ・ミルナーの運動量は衝撃的で、平均走行距離が10km程度と言われている中、毎試合13㎞以上もの走行距離を記録。33歳のベテランを中心に他の2枚の中盤の選手たちも攻守にわたって走り続けた。

 それでいて最終ラインにはフィルジル・ファンダイクが君臨。イングランドでプレーする選手たちの投票で決まるPFA(The Professional Footballers’ Association=イングランド・プロサッカー選手組合)の今季の年間最優秀選手に選ばれた男は完璧なパフォーマンスを披露してリバプールのリーグ戦最少失点に貢献した。

 昨シーズンまでのリバプールと言えばシティに快勝したかと思えば、翌節に最終的には降格するスウォンジー・シティを相手に敗戦を喫するなど、どこか不安定だった。

 しかし今季のリバプールをからはそんな不甲斐なさが完全に払しょくされていた。

1 2 3 4

新着記事

↑top