うす笑いを浮かべた中田英寿、肩を落とした中村俊輔。最強軍団の挑戦は早すぎる終戦を迎えた【日本代表平成の激闘史(7)】

時代は平成から令和へと代わり、その間、ワールドカップに6回連続出場を果たすなど、サッカー日本代表は大きな躍進を遂げた。時代は変われども、後世へと語り継ぎたい日本代表名勝負を振り返る本企画。今回は平成12(2000)年9月に行われた、シドニー五輪での日本代表の戦いを回顧する。(文:元川悦子)

2019年05月20日(Mon)10時00分配信

シリーズ:日本代表平成の激闘史
text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

タレントの宝庫だった日本代表

99nigeria02
シドニー五輪を戦うU-23日本代表を指揮したフィリップ・トルシエ監督【写真:Getty Images】

 ナイジェリアで行われた平成11(1999)年のワールドユース準優勝という快挙を達成した日本サッカー界にとって、次なるターゲットは平成12(2000)年シドニー五輪でのメダル獲得だった。

 平成10(1998)年10月に来日したフランス人のフィリップ・トルシエ監督は、A代表と五輪代表、ユース代表の3世代のチームを指揮。若年層からの底上げを着々と図って、平成14(2002)年日韓ワールドカップでの成功につなげようとしていた。

 ナイジェリアに続いてシドニーでもメダルを獲得できれば、日韓で世界を驚かせる可能性は一気に上がる。それを現実にするためにも、シドニー五輪は重要な大会と位置付けられた。

 予選は平成11(1999)年6月からスタートしたが、当時は「アジアの3枠を全て取れる」と評されるほど日本の若手はタレントの宝庫だった。黄金世代には18歳でフランスワールドカップに参戦した小野伸二、ナイジェリアでベストイレブン入りした本山雅志らがおり、彼らより1世代上のユース代表だった宮本恒靖、柳沢敦、中村俊輔らも計算できる存在。トルシエも「よりどりみどり」の状況だったと言っていい。

 結局、平成12(2000)年9月の本大会メンバーはU-23世代の15人に、オーバーエージ枠として三浦淳宏、楢崎正剛、森岡隆三の3人が加わる陣容となった。とりわけ、中盤は大激戦で、大けがから回復途上だった小野、黄金世代の小笠原満男、遠藤保仁も落選。中田英寿を軸に中村俊輔や本山を組み合わせる構成で挑むことになった。

【次ページ】順調な滑り出し

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top