エクアドル代表、日本戦へ最終調整。自信漲る南米王者、練習では“お祈り”を10分公開【U-20W杯】

2019年05月22日(Wed)20時16分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

エクアドル代表
円陣を組んでお祈りを捧げるU-20エクアドル代表の選手たち【写真:舩木渉】

 FIFA U-20ワールドカップ2019の開幕が目前に迫った22日、エクアドル代表がグループリーグ初戦の日本戦に向けて練習を行った。

 冒頭15分のみの公開だったが、その「冒頭」の癖が強かった。ストレッチやマッサージを終えた選手たちは全員で円陣を組み、10分ほどかけてお祈りを捧げていた。

 そして全員でボール回しに移ると、大声で笑いながらリラックスした雰囲気が漂っていた。ミスをした選手には全員で手拍子して輪の中で踊らせるなど、南米らしさも随所に感じられた。

 エクアドルはこの世代の南米王者で、チームにはサッカー連盟のフランシスコ・エガス会長も帯同。取材に訪れていたエクアドルメディアの記者も「フランスやイタリアなど欧州のチームもいるので必ずしも優勝候補筆頭とは言えないが、非常に強いチーム。期待している」と自信を語っていた。

 エースストライカーのレオナルド・カンパーナは健在で、欧州でプレーする選手やA代表経験のある者も複数いる。多くの選手がバスを降りる際も大音量で音楽を流しながら、自信溢れる表情を見せていた。

 21日の練習で日本の選手たちは相手チームの「個の力」の高さを警戒していたが、エクアドルは組織力も侮れない。大柄な選手も多くてフィジカルの強さも備えている。

 日本にとっては決勝トーナメント進出を果たす上で重要な初戦。非常に強力な相手をいかに攻略するか。エクアドルは南米王者の誇りと自信をみなぎらせ、覇権獲りへ準備万端だ。

(取材・文:舩木渉【ポーランド】)

【了】

新着記事

↑top