CL決勝、リバプールの「肉を切らせて骨を断つ」戦い方。雪辱の舞台でクロップが選んだプランとは?

2019年06月02日(Sun)11時58分配信

text by 加藤健一 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

シルバーコレクターを返上

201902020_klopp_getty
ユルゲン・クロップ【写真:Getty Images】

 リバプールの監督、ユルゲン・クロップはこれまで、シルバーコレクターと揶揄されることがあった。かつて率いたドルトムント時代には、2季連続でDFBポカール(ドイツ杯)準優勝。リバプールの監督に就任した14/15シーズンはリーグカップとヨーロッパリーグで準優勝となった。

 CL決勝の舞台は3度目だ。1度目はバイエルン・ミュンヘンとのドイツ対決となった12/13シーズン、そして2度目が昨季。今季はプレミアリーグでも2位となっている。

 クロップは今回の決勝の前日会見でこのような言葉を残している。

「2012年以降、2017年を除いて、私のチームが毎年決勝戦を戦っている。幸運なときもあったが、だいたいはそうなるべくしてなったことだ」

 この試合で見せたサッカーは、クロップの言う「退屈な試合」だったかもしれない。しかし、これまで決勝戦で苦い経験をしてきたクロップが、悲願のタイトルを獲得したことは、「なるべくしてなった」と言えるだろう。

 ちょうど1年前にウクライナ・キエフで流した涙はこの日、嬉し涙へと変わった。

(文:加藤健一)

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top