酒井宏樹、3バックは最初の形だけ「試合中に変えていくのが森保さんのやり方」

2019年06月06日(Thu)11時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

酒井宏樹
酒井宏樹【写真:Getty Images】

【日本 0-0 トリニダード・トバゴ キリンチャレンジカップ2019】

 キリンチャレンジカップ2019、日本代表対トリニダード・トバゴ代表の試合が5日に行われた。試合は0-0の引き分けに終わっている。試合後、日本代表の酒井宏樹が取材に答えた。

 3バックの新システムを採用する中で、少し前に出て守備をセットするシーンもあったが「3バックというのは最初の形だけで、試合中にどんどん変えていくのが森保さんのやり方ですし、僕らもそういう話をしたので、最初だけ3バックという感じで、あとは試合中は4バックなのか、3バックなのか、たまには2バックにもなりますし、そこは流動的にやってきたと思います。そこのクオリティという部分ではまだまだ伸びしろがあると思いますし、続けていくことに意味があると思います」と語り、流動的にシステムを動かしていたと明かしている。

 少しパターンが少なく、流動性がなくて硬直しているようにも見えたが「パターンがないとは思っていなかったですね。前半はトミが最後入れましたけど、あれを入れた後、1対4なので、サコは。あまり効果的というか、まあサコだからキープできますけど、そこの枚数がかけられない状態だとすると、しなかったわけで、有利な攻め方を探していただけなので。前半の早い内に1点取れれば変わっていましたし、それが決められなかったのも僕らのミスになりますけど、決まらないのもサッカーではあると思うので、そこ云々言うことはちょっと違うかなと思います」と、試合を振り返っている。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top