南野拓実、3バックを試して見えた課題。「フィニッシュのところで…」

2019年06月10日(Mon)0時01分配信


Tags: , , , , , , ,

南野拓実
南野拓実【写真:Getty Images】

 キリンチャレンジカップ2019、日本代表対エルサバルドル代表が9日に行われた。試合はホームの日本代表が2-0で勝利を収めた。

 この試合で2シャドーの一角として先発したMF南野拓実は、アジアカップ以降日本代表での得点がない。この試合でも無得点に終わった。南野自身も最後のフィニッシュの部分を課題に挙げている。

 試合後のインタビューで南野は「なかなかいい形でボールが入らずにイライラするというか、もどかしい時間帯もありましたけど、そういう時間を我慢してしっかりとチャンスになった時にしっかり仕事をするってことを意識してましたけど、それはできた部分ともう少し足りないなって感じた部分もあったので、その精度を上げて行ければいいかなと思います」と自身のプレーについて話した。

 また、3バックについて聞かれた南野は「攻撃の部分で言えばもっと間でいい形で受けてね、前を向いて攻撃のスイッチになるプレーであったり、最後のフィニッシュのところでもう少し顔を出すってところと、守備のところで相手の2ボランチで僕たちの前に落ちて、コントロールしてうまく守備ではめれた部分もありましたけど、でも食いつきすぎて逆に相手のサイドバックがフリーでボールを持つ場面ってのもあったんで、そこはチームとしてもっとうまく守れた部分。それはビデオ見れば明確になると思うし、そういうところは課題かなと思います」と反省を口にしている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top