岡崎慎司、エクアドルの“未知”な戦いを警戒。「間違いなく強いという認識」【コパ・アメリカ】

2019年06月24日(Mon)13時11分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

岡崎慎司
日本代表の岡崎慎司【写真:Getty Images】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)に出場中の日本代表は、現地時間24日に行われるグループリーグC組最終節の試合でエクアドル代表と対戦する。FW岡崎慎司が試合への見通しを語った。

 日本代表はここまで2試合で勝ち点1を獲得してグループ3位に位置し、エクアドルは2連敗の勝ち点ゼロで4位。だが他グループの結果により、日本もエクアドルも最終節で勝ち点3を獲得すれば準々決勝へ進むことができる状況となった。

「相手も勝てばいけるってことで自分たちと条件は一緒なので。すごく楽しみな一戦になると思う」と岡崎は試合に向けてコメント。「向こうは千載一遇のチャンスを得たって感じでなりふり構わず来ると思うし、そういう意味ではお互いどっちが気持ちの上で勝利を掴むのかっていうのがすごく重要な試合になってくる」と精神面の重要性を強調した。

 エクアドルについては「未知な戦い方をしてくるところもあると思う」と印象を述べている。「ウルグアイとかはある程度、2トップが突出してそこにボールを集めてくるって感じですけど、何が起こるか分からないっていう未知なところがエクアドルの方があるかなと思うので」

 ウルグアイとチリに敗れているとはいえ、決してエクアドルを軽視するべきではないことは肝に銘じているようだ。「名前で言ったらウルグアイとかチリの方が、僕らも集中して入りそうですけど、エクアドルだからこそ、間違いなくエクアドルが強いっていう認識で戦わなきゃいけないと思う。当然力があるチームなので」と試合への心構えを示した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top