英国人が見たエクアドル戦。「決定力はメンタルの問題」「10年後の本田ジャパンもそうかも(笑)」【コパ・アメリカ】

2019年06月25日(Tue)11時24分配信

シリーズ:英国人が見た○○戦
text by 編集部 photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , ,

「彼の動きでエクアドルは少し困りそう」

中島翔哉
先制ゴールを決めた中島翔哉【写真:田中伸弥】

――日本はメンバー交代なしで後半を迎えました。

「前半の流れが続いている。そろそろ交代があるかな……」

――柴崎岳選手が相手との接触で倒れました。出血しているようですね。

「彼は戦えるタイプなので大丈夫だと思います」

――66分、岡崎選手に代えて、1戦目に先発した上田綺世選手が入りました。

「上田には期待したいね。チリ戦では良い動きを見せましたが、得点を奪えなかったので、この試合でゴール決められれば、彼の自信になると思います」

――直後にシュートチャンスがありました。

「まあ、あのチャンスは簡単ではなかったね。でも、早速がインパクトあったね。彼の動きでエクアドルのディフェンスは少し困りそう」

――引き分けで終わると、両チームとも敗退になってしまいます。

「最後の10分はよりオープンな展開になると思います」

――エクアドルはミドルシュートを結構打ってきますね。

「ミドルの方がボックス内のシュートより良いと思う(笑)。でも、日本もシュートを増やさないと得点できません」

――日本は後半、あまりシュートが打てていませんね。

「でも、エクアドルはどんどん前に行っているので、日本はカウンターからチャンスを狙えると思う。大事なのはチャンスを生かせるかどうかだね」

「前田は少しパニック」

――試合終盤、両チームとも決定機がありましたが、決め切れません。

「予想通りにオープンになってしまったが、お互い決定力は足りない。前田は少しパニックになってるね。冷静にシュート打てていなかった」

――久保選手が右足でゴールネットを揺らしましたが、オフサイドになりました。

「まあ、もちろんオフサイドでしたね。中島のチャンスは大きかったけど」

――1対1で試合終了。日本はグループステージ敗退となりました。

「残念ですが、チャンス決めなければこうなっちゃいます」

――この試合でも、なかなか得点が奪えませんでした。

「そうですね。終盤にも前田や中島のチャンスがあったが、決め切れなかった。ただ、90分通して引き分けという結果は妥当じゃないかと思います」

――この大会で成長した選手や、今後の日本代表でも活躍できそうな選手はいますか?

「冨安(健洋)と中島は、これからの代表で活躍することを再確認できましたね。岩田(智輝)や杉岡(大暉)や板倉(滉)も着実に成長したと思いますが、印象的とまでは言えないかな」

――久保選手、三好康児選手はどうでしたか?

「二人とも相変わらず常に前を向いて、チャンスメイクをしようとする姿勢を見せてくれたのは良かった。次のワールドカップではA代表に絡んでいくと思います」

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top