英国人が見たエクアドル戦。「決定力はメンタルの問題」「10年後の本田ジャパンもそうかも(笑)」【コパ・アメリカ】

日本代表は現地時間24日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループリーグC組第3節でエクアドル代表と対戦し、1-1で引き分けた。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

2019年06月25日(Tue)11時24分配信

シリーズ:英国人が見た○○戦
text by 編集部 photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , ,

「チームの一体感が番大事」

日本代表
エクアドル戦の日本代表の先発メンバー【写真:田中伸弥】

――おはようございます! 本日もよろしくお願いします! 日本は2戦目のメンバーから1人代わって、久保建英選手が入りました。

「おはようございます! ウルグアイ戦のパフォーマンスと結果は良かったので、ほぼ同じメンバーで臨むのは良いことだと思います」

――今日の試合のカギを握る選手は誰になりそうですか?

「一人の選手をというより、チームの一体感が番大事かなと思います。全員で守る、全員で攻めるということができれば、良い結果残せると思うけど、そうじゃなかったらこの試合は難しい」

――試合が始まりました。エクアドルは前からプレスをかけていますが、日本の立ち上がりの戦いはどう思いますか?

「立ち上がりはエクアドルの激しいプレスに少し苦戦しているけど……」

――15分、中島翔哉が先制点を決めました!

「またVAR!? 岡ちゃん(岡崎慎司)はオフサイドじゃなかったよ」

――ゴールが認められましたね。

「良かった! 岡崎のタイミングも良かったし中島(翔哉)のフィニッシュはぴったりでしたね!」

「この流れが続いたら失点するね」

――川島永嗣選手のパスミスはヒヤッとしました。

「そうですね。若い選手にあのようなミスはあるけど、経験ある川島は意外です。周りの選手が冷静にプレーできるように、彼や岡崎は落ち着いてプレーしないといけない」

――先制した後は大事ですね。

「点を取ったあとは集中しなければなりません。エクアドルが主導権を握っているから、日本はもう少しボールキープができれば良いですね。もしこの流れが続いたら失点するね。あらら!」

――そのとおりになってしまいました……。35分、アンヘル・メナに決められて同点です。

「流れ通りになったね。この10分ぐらいずっと押し込まれたので危険だった」

――失点した後の日本代表はどうですか?

「まだまだですね。前半の攻撃はほぼカウンターのみ。もう少しコンビネーションで攻めてほしい」

――前半は1対1で終わりました。

「エクアドルが押し込む時間が長かったけど、ビッグチャンスはそんなになかった。その一方、日本は攻撃があまり機能してないけど、カウンターでゴールを脅かす場面があった。今のところは引き分けで妥当なスコアだと思う」

1 2 3

新着記事

↑top