久保建英、終了間際に幻のゴール「オフサイドだろうなと…」【コパ・アメリカ】

2019年06月25日(Tue)12時42分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , ,

久保建英【写真:田中伸弥】
久保建英【写真:田中伸弥】

【日本 1-1 エクアドル コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループC組第3節】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループリーグC組第3節、日本代表対エクアドル代表の試合が現地時間24日に行われ、1-1の引き分けに終わった。試合後、日本代表の久保建英が取材に答えている。

 試合を振り返り「試合できるチャンスがあった中で自分たちの結果次第だったので、それは悔しいです」と語り、決勝トーナメント進出を逃したことで悔しさをにじませた。コパ・アメリカに参加してみて「個人的には2試合90分出て、途中出場で1試合出て、沢山試合に関わらせてもらった中で改めて普段やるようなことのない相手と戦えましたし、やってて楽しいです。大会の熱気も感じるし、自分のサッカーやってく中で初めての経験だったんで、そこはよかったと思います」とし、良い経験になったことを明かしている。

 後半アディショナルタイムには、惜しくもオフサイドにより得点が取り消させるシーンがあったが「いやまあ、オフサイドだろうなとは思ってたんですけど。なんかクリアミスとかにならないかなと思ってました。シュートは狙い通りっていうかこぼれてきただけなんで。決まっていれば、ここでこうやって話すこともなかったですし、次があったんで。オフサイドだったんで力不足とかはないですけど、しっかり枠に入れてるんで、その前に自分もチャンスあったんで、そこは悔しいです」とコメントしている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top