2018/19シーズン、ポジション別活躍度ランキング・SB編。リバプールから2名が選出! 果たしてトップは…(5位~1位)

2019年07月01日(Mon)7時00分配信

シリーズ:18/19能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

リバプール不動のレフティー

アンドリュー・ロバートソン
アンドリュー・ロバートソンの今季成績やリーグ戦平均スタッツなど【写真:Getty Images】

4位:アンドリュー・ロバートソン(スコットランド代表/リバプール)
生年月日:1994年3月11日(25歳)
今季成績:リーグ戦36試合出場/0得点11アシスト、国内カップ戦0試合出場/0得点0アシスト、CL12試合出場/0得点2アシスト

 リバプールで不動の地位を築いているスコットランド代表レフティー。豊富なスタミナと圧倒的な走力を生かし、左サイドにおいて攻守両面でチームに大きく貢献できる選手である。リバプールは今季、圧倒的な強さを発揮しプレミアリーグでは2位、チャンピオンズリーグでは優勝を果たしているが、この男の存在なしでその結果は残せなかっただろう。

 リーグ戦では右サイドバックのトレント・アレクサンダー=アーノルドとともに二桁アシストをマークするなど、チームの決定機に絡み続けてきた。CLでも12試合で2アシストの活躍を見せるなど、ピッチで示した存在感は圧倒的と言ってもいい。その抜群のクロス精度は常に相手の脅威となっていた。来季はチームに悲願のプレミアリーグ制覇をもたらすことができるだろうか。

【次ページ】ラームの後継者

1 2 3 4 5

新着記事

↑top