2018/19シーズン、ポジション別活躍度ランキング・SB編。リバプールから2名が選出! 果たしてトップは…(5位~1位)

2019年07月01日(Mon)7時00分配信

シリーズ:18/19能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

20歳のロシアW杯戦士

トレント・アレクサンダー=アーノルド
トレント・アレクサンダー=アーノルドの今季成績やリーグ戦平均スタッツなど【写真:Getty Images】

1位:トレント・アレクサンダー=アーノルド(イングランド代表/リバプール)
生年月日:1998年10月7日(20歳)
今季成績:29試合出場/1得点12アシスト、国内カップ戦0試合出場/0得点0アシスト、CL11試合出場/0得点4アシスト

 今季のリバプールは、他のクラブと比較しても圧倒的に強かった。プレミアリーグではわずか1敗、チャンピオンズリーグでは難敵を次々と退け見事ビッグイヤーを掲げた。その立役者の一人となったのが、この男だ。19歳にしてロシアワールドカップ出場、リバプールで主力としてプレーする20歳は、今急激に成長を遂げているイングランド期待の星である。右足から放たれる精度の高いクロス、そして攻守両面で果敢に動き回ることのできる豊富なスタミナ。将来有望な若手は、サイドバックに必要な能力を高い次元で持ち合わせていると言えるだろう。

 モハメド・サラーが中へ切り込んで作ったスペースを、的確に突くことができるトレント・アレクサンダー=アーノルド。そこからシュート、クロスに持ち込む技術は高く、リバプールの新たな“矢”となることが可能だ。リーグ戦29試合で12アシストという成績は見事の一言で、試合の中で幾度となくチャンスに絡んできた。来季以降の活躍にも、今から期待できる。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top