ナポリ、メキシコ代表FWの完全移籍での獲得で正式合意!堂安律のPSV移籍が近づく?

2019年08月23日(Fri)18時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

イルビング・ロサノ
イルビング・ロサノ【写真:Getty Images】

 イタリア・セリエAのナポリが23日、メキシコ代表FWイルビング・ロサノを完全移籍で獲得することでオランダ・エールディビジのPSVと正式合意に達したと発表した。クラブ公式サイトで発表している。

 ナポリは以前から獲得の噂が報じられていたPSVのウィンガーを獲得することになった。現在24歳のロサノはメキシコのパチューカで2014年にトップチームデビュー。2017年にPSV移籍となった。昨季は公式戦40試合に出場し、21得点12アシストを記録した。

 メキシコ代表のウィンガーを放出したPSVは、フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律の獲得に動くとみられている。現地時間15日付のオランダ版『テレグラフ』は「ロサノの後釜として、堂安はPSVの補強トップターゲットになっている」と伝えていた。

 堂安の移籍金は1000万ユーロ(約12億円)と言われている。ロサノ放出で獲得した移籍金でPSVは、堂安の獲得に動くかもしれない。果たして、堂安は今夏PSVへ移籍することになるのだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top