プレミア史上2番目の大差にグアルディオラ興奮「特に気に入ったのは…」

2019年09月22日(Sun)12時19分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ジョゼップ・グアルディオラ
ジョゼップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】

 マンチェスター・シティは現地時間21日、プレミアリーグ第6節でワトフォードをホームに迎え、8-0で大勝した。ジョゼップ・グアルディオラ監督の試合後のコメントを英『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 シティは開始直後に先制すると、前半18分までに5得点。あっという間に勝負を決める。さらに後半は3点を加えて、8-0の大差になった。

 グアルディオラ監督は試合後、選手たちのパフォーマンスを称えた上で、「5-0でハーフタイムとなれば、普通は後半も真剣に戦うことはできないものだ。それが我々は真逆で、真剣に、より積極的に、とても良い後半を見せた。最も気に入ったのはそこだね」と、精神的な強さを喜んでいる。

 8点差の勝利は、プレミアリーグで2位タイの記録。過去最も大差がついたゲームは、1995年3月に行われたマンチェスター・ユナイテッド対イプスウィッチの一戦で、この試合は9-0だった。

【了】

新着記事

↑top