森保監督はメッシ、吉田麻也はファン・ダイクに1位票。FIFAザ・ベスト投票内訳

2019年09月24日(Tue)17時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

リオネル・メッシ
FIFA年間最優秀選手賞を受賞したリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

 国際サッカー連盟(FIFA)による2019年「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」授賞式が現地時間23日に行われ、各賞の受賞者が発表された。各国代表監督や代表キャプテンによる投票の内訳も公開されている。

 男子の年間最優秀選手賞は、バルセロナのFWリオネル・メッシが史上最多となる6回目の受賞を果たした。アルゼンチン代表主将として投票を行ったメッシ自身は、1位にリバプールのFWサディオ・マネ、2位にユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド、3位にバルサのMFフレンキー・デヨングを選んでいる。

 ポルトガル代表キャプテンであるC・ロナウドは、1位にユーベの同僚DFマタイス・デリフト、2位にデヨング、3位にパリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペを選んだ。メッシには票を入れていない。

 メッシ、C・ロナウドとともに最終候補の一人だったリバプールのDFフィルジル・ファン・ダイクもオランダ代表主将として投票を行い、1位にメッシ、2位と3位にはクラブのチームメートであるFWモハメド・サラーとマネを選んでいる。

 日本代表キャプテンとして投票を行ったDF吉田麻也は、1位に元チームメートでもあるファン・ダイク、2位にC・ロナウド、3位にメッシを選んだ。日本代表の森保一監督は1位メッシ、2位C・ロナウド、3位ムバッペとしている。

 他の日本人指導者では、シンガポール代表の吉田達磨監督は1位にトッテナムのFWハリー・ケイン、タイ代表の西野朗監督は1位にメッシを選んだ。カンボジア代表の本田圭佑は正式な監督ではないため投票は行っていない。

 男子の最優秀監督投票では、吉田は1位ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)、2位ユルゲン・クロップ(リバプール)、3位エリク・テン・ハーグ(アヤックス)。森保監督は1位クロップ、2位グアルディオラ、3位リカルド・ガレカ(ペルー代表)という投票内訳だった。同賞はクロップ監督が受賞している。

【了】

新着記事

↑top