エスパルス、大量6ゴールでベルマーレを粉砕。下位対決制してJ1残留へ前進

2019年09月29日(Sun)21時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

清水エスパルス
清水エスパルス【写真:Getty Images】

【湘南ベルマーレ 0-6 清水エスパルス J1第27節】

 明治安田生命J1リーグ第27節の湘南ベルマーレ対清水エスパルス戦が29日に行われ、アウェイの清水が6-0で勝利を収めた。

 試合前の時点で清水は勝ち点32での13位に位置し、湘南は1ポイント差での14位。両チームともにプレーオフ圏の16位から大きくは離れてはおらず、残留争いから抜け出したいチーム同士の重要な直接対決だった。

 だが試合は予想外の大差がつく展開となった。まずは前半25分、エウシーニョがエリア手前から西澤健太とのワンツーで中央を崩し、ゴール右隅へグラウンダーでの絶妙なシュートを送り込んで清水が先制点を奪う。

 前半終了間際には清水が約5分間で立て続けに3点を加えた。まずは43分、再びエウシーニョが左サイドから巧みな浮き球パスを河井陽介に預け、リターンパスを右足ダイレクトで蹴り込んで2-0に。

 さらにその1分後、松原后のクロスを受けた河井が相手DFの股間を抜くシュートで3点目のゴール。前半アディショナルタイムの48分にも竹内涼からのクロスにファーポストで合わせた西澤が押し込んで4点差とした。

 後半に入っても清水の勢いは衰えず。52分には金子翔太が前線でボールを奪い、こぼれたボールを持ち込んだドウグラスが豪快に突き刺して5点目。56分にもドウグラスのパスで抜け出した西澤がGKとの1対1から冷静に流し込んだ。西澤は2試合連続の2得点となった。

 今季最多の6ゴールを奪って大勝した清水は2連勝でJ1残留へ前進。今季最多失点の湘南は5試合白星がなく、厳しい戦いが続いている。

【得点者】
25分 0-1 エウシーニョ(清水)
43分 0-2 エウシーニョ(清水)
44分 0-3 河井陽介(清水)
45+3分 0-4 西澤健太(清水)
52分 0-5 ドウグラス(清水)
56分 0-6 西澤健太(清水)

【了】

新着記事

↑top