モンゴル戦、南野拓実&伊東純也が絶好調。6得点で格下を粉砕、2次予選連勝で軒並み高評価【日本代表どこよりも早い採点】

日本代表は10日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第2戦でモンゴル代表と対戦して6-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2019年10月10日(Thu)21時25分配信

シリーズ:どこよりも早い採点
text by 編集部 photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , ,

格下モンゴルを圧倒

日本代表
日本代表のパフォーマンスはどうだったのか【写真:田中伸弥】

【日本 6-0 モンゴル カタールワールドカップ・アジア2次予選 第2節】

権田修一 6 出番はほとんど訪れず。静かな時間を過ごした
吉田麻也 6.5 ディフェンスの時間は決して多くはなかったが、CKから追加点をマークした
冨安健洋 6.5 守る時間は少なかったが、大きなミスなども見られなかった。セットプレー時にも強さを発揮
酒井宏樹 6.5 果敢な攻撃参加からクロスでチャンスを演出。吉田のゴールをお膳立てするなど攻撃面で存在感を放った
長友佑都 6.5 相手ボックス内まで侵入するなど終始高い位置でプレー。チームの3点目も奪取
柴崎岳 7 相手のカウンターの芽を幾度となく摘む。パスの散らし方も的確であった
遠藤航 6.5 久々の代表戦出場も攻守に渡りハードにプレー。セットプレーの競り合いにも負けておらず、CKから代表初ゴールもマーク
伊東純也 8 右サイドでスピードを生かし幾度となく相手を翻弄。クロスから3アシストを記録、果敢にシュートを放つなどスタメン起用に応えた
中島翔哉 6.5 ドリブルで仕掛ける姿勢はこの日も健在。長友との連係も良く、イキイキとしていた
南野拓実 7.5 クラブでの好調ぶりを代表でもアピール。先制ゴールを奪取しただけでなく、伊東らを生かすパスの質も高かった
永井謙佑 6.5 伊東のクロスを頭で合わせゴール。持ち味のスピードが生きる場面はやや少なかったが、ボックス内での嗅覚はさすが

安西幸輝 6.5 酒井との交代で右サイドバックとしてプレー。アグレッシブな姿勢を貫きクロスなどで決定機を生み出す場面も
鎌田大地 6.5 遠藤のシュートのこぼれ球を冷静に押し込み得点。そのあたりの反応の速さはさすがの一言
原口元気 6 球際の激しさを生かしてボールに絡む。ドリブルで相手を置き去りにするシーンも印象的であった

森保一 6.5 伊東や永井を起用するなどスピード感のあるゲームを披露。大勝で2次予選におけるホーム開幕戦を飾った

【了】

新着記事

FChan TV

↑top