リベリ、試合後に副審を押してレッドカード。数試合出場停止の可能性も

2019年10月28日(Mon)19時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

フランク・リベリ
フィオレンティーナのフランク・リベリ【写真:Getty Images】

 フィオレンティーナの元フランス代表MFフランク・リベリは、試合終了後に審判に対して激しく抗議したことで退場処分を受けた。数試合の出場停止処分を受ける可能性もあるとみられている。

 フィオレンティーナは現地時間27日に行われたセリエA第9節の試合でラツィオと対戦。前半を1-1で折り返したあと、終盤の89分にはFWチーロ・インモービレのヘディング弾でラツィオが勝ち越しのゴールを奪った。

 フィオレンティーナ側はゴールの起点となる場面でラツィオにファウルがあったと主張したが認められず。審判の判定に不満を残しながら試合を終える形となった。

 75分に交代を命じられた際にも苛立つ様子をみせていたリベリは、試合終了後に判定に抗議する中で、副審の体を強く押した場面が映像に捉えられた。リーグの公式記録によれば、この行為によりリベリは97分にレッドカードを受けた扱いとなったようだ。イタリアメディアでは、最大4試合の出場停止となる可能性があるとの見通しも伝えられている。

 リベリは12年間在籍したバイエルン・ミュンヘンを退団して今季フィオレンティーナに加入。36歳でのセリエA初挑戦ながらも9月のリーグ月間MVPに選ばれるなど存在感を発揮していたが、しばらく戦列を離れることになるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top