元日本代表MF石川直宏は「すべてを力に変えて前に進む」。引退後初の伝記に込めた思いを語る

2019年11月04日(Mon)17時15分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

1104Ishikawa_fch
自身の伝記『素直 石川直宏』の出版記念イベントに出席した石川直宏氏と、著者の馬場康平氏【写真:加藤健一】

 元日本代表MF石川直宏が11月4日、都内のdining & bar ESTADIO 渋谷店で行われた自身の伝記『素直 石川直宏』の出版記念イベントに参加した。当初は10月14日に行われる予定だったが、台風19号の影響により延期。発売から約1ヶ月が経ったこの日、サッカーショップKAMOで書籍を購入した参加者が会場に集った。

 石川は2017年に現役を引退。現在はFC東京のクラブコミュニケーターに就き、クラブとサポーターの架橋として様々な活動をしている。

 イベントでは、出版に至るまでの経緯や思い、優勝を争うFC東京の現状、引退後のキャリアなどについて、石川と著者を務めたフリーライターの馬場康平氏がトークを繰り広げた。石川は周囲の協力への感謝の気持ちを示しながら、「すべてを力に変えて前に進んでいきたい」と力強く話した。

『素直 石川直宏』は、自身の生い立ちから現役引退までが綴られた一冊。右膝前十字靭帯損傷、腰椎椎間板ヘルニアなど、度重なる大怪我に見舞われながらも、その苦境を乗り越えてきた石川の“素直な想い”が克明に記されている。

(取材・文:加藤健一)

sunao_cover0912

[block]1[/block]

(著・馬場康平)

定価:本体1600円+税
クラブからも、サポーターからも愛された石川直宏のバイオグラフィー。
FC東京のサイドを駆け抜け、得点やアシストを量産した石川直宏のサッカー人生は、常に逆境との戦いだった。
右膝前十字靭帯損傷、腰椎椎間板ヘルニアなど、度重なる大怪我に見舞われ、夢だったワールドカップ出場も叶わなかった。
それでも何度も立ち上がり続けたアタッカーの素顔に迫る。

詳細はこちらから

【了】

新着記事

↑top