ドイツ4クラブがCL同一節で全勝は5年ぶりの快挙。通算3度目

2019年11月07日(Thu)8時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20191107_bayern_getty
CL決勝トーナメント進出を決めたバイエルン・ミュンヘン【写真:Getty Images】

 今季チャンピオンズリーグ(CL)に参戦しているドイツの4つのクラブが実に5年ぶりの快挙を成し遂げた。

 現地時間5日と6日、CLグループステージ第4節が欧州各地で行われた。同節ではドイツから参戦している4つのチームが全て勝利を収めたのだ。

 まずは5日にインテルと対戦したボルシア・ドルトムントはホームで3-2で勝利した。さらに同日、RBライプツィヒは敵地でゼニトと対戦し2-0で勝った。そして6日にはバイエルン・ミュンヘンがオリンピアコスに2-0、レバークーゼンがアトレティコマドリーに2-1とそれぞれ勝利を収めたのだ。

 欧州最高峰と言われるCLでドイツ4クラブが同一節で全て勝利を収めたのは2014/15シーズンのグループリーグ第3節以来、史上3度目となったのだ。

 当時はシャルケがスポルディングCPにホームで4-3、バイエルンが敵地でローマに7-1、ドルトムントがアウェイでガラタサライを4-0で下し、レバークーゼンが本拠地でゼニト相手に2-0でそれぞれ勝利した。ちなみに、このシーズンでは4チーム全てがベスト16入りを果たした。

 今季はどうかというと、残り2節を残しバイエルンが既に決勝トーナメント進出を決めている。またライプツィヒはグループ首位、ドルトムントもグループ2位でそれぞれ好位置に付けている。レバークーゼンはグループ最下位ではあるが、残り2連勝をすればアトレティコの結果次第でベスト16入りを果たすことが出来る。

【了】

新着記事

↑top