EURO2020
EURO2020、組み合わせ抽選へポット分け確定【写真:Getty Images】

 EURO2020予選は現地時間19日までに各グループの全日程を終了した。来年の本大会に出場する24チームのうち、プレーオフ枠の4チームを除く20チームが決定している。

 残り4つの出場枠を争うプレーオフは来年3月に開催が予定されている。出場チームの決定に先立ち、今月30日には本大会の組み合わせ抽選会が行われる。

 組み合わせ抽選を行う上でのポット分けは、予選での成績に基づいて決定される。8戦8勝のパーフェクトな成績で予選を終えたベルギーとイタリアを筆頭に、イングランド、ドイツ、スペイン、ウクライナの計6チームがポット1に入ることが決まった。

 ポット2に入るのは残りのグループ首位通過チームであるフランス、ポーランド、スイス、クロアチアと、2位通過の成績上位2チームであるオランダ、ロシア。ポット3にはポルトガル、トルコ、デンマーク、オーストリア、スウェーデン、チェコが入る。ポット4はウェールズとフィンランド、およびプレーオフから出場枠を得る4チームで構成される。

 今回のEUROは欧州12ヶ国での分散開催であり、そのホスト国を各グループに均等に割り当てる必要性などから、組み合わせの決定方式は非常に複雑。また政治的事情によりロシアとウクライナが同じグループには入らないという制約も加味され、抽選前から組み合わせが一部決定している部分もある。

 本大会のグループBにはベルギーとロシアとデンマーク、グループCにはウクライナとオランダが同居することがすでに決まった。ポット2に入ったワールドカップ優勝国のフランス、同準優勝国のクロアチアなどは、それ以外の4グループでイタリア、イングランド、スペイン、ドイツのいずれかと対戦することになる。ポット3に入った前回王者ポルトガルなども含め、“死のグループ”が誕生することになるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top