リバプール、首位でグループ突破。南野拓実&奥川雅也出場のザルツブルクは健闘実らず【欧州CL】

2019年12月11日(Wed)4時47分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

南野拓実
南野拓実【写真:Getty Images】

【ザルツブルク 0-2 リバプール チャンピオンズリーグ・グループステージE組最終節】

 チャンピオンズリーグ・グループステージE組最終節のザルツブルク対リバプールが現地時間10日に行われた。試合は2-0でアウェイのリバプールが勝利し、決勝トーナメント進出を決めている。ザルツブルクの南野拓実はフル出場、奥川雅也は75分から途中出場した。

 首位リバプール、2位ナポリ、3位ザルツブルクの3チームに決勝トーナメント進出の可能性がある状況で迎えた最終節。ザルツブルク対リバプールは、どちらも積極的なスタートを切る。プレミアリーグで首位を独走するリバプールが押し込むかと思われたが、ザルツブルクも負けておらず、拮抗した展開となった。

 0-0で折り返すと、スコアが動いたのは57分。マネがDFをかわしてペナルティエリア左に侵入すると、飛び出したGKの前で中央へ折り返す。このボールにケイタがヘディングで合わせてゴール。元ザルツブルクの2人がゴールに絡んでリバプールがリードを奪った。

 すると、その直後には大きな追加点。ザルツブルク守備陣の対応が中途半端になったところを見逃さず、サラーが前に出たGKの前でボールをかっさらうと、ペナルティエリア右からシュート。ほとんど角度はなかったがうまく右足でゴールに流し込み、2-0とする。

 3点欲しいザルツブルクは75分、エースのホランドを下げて奥川を投入して勝負に出る。しかし、リバプールの守備は乱れず、2-0のまま試合終了となっている。

 ホームでヘンクと対戦したナポリは、ミリクのハットトリックなどで4-0と大勝し、2位をキープ。グループEはリバプールとナポリが決勝トーナメント進出となった。

【得点者】
57分 0-1 ケイタ(リバプール)
58分 0-2 サラー(リバプール)

【了】

新着記事

↑top