スアレスが2戦連続の1ゴール1アシストも…バルセロナ、2-2ドローで2位転落の恐れ

2019年12月15日(Sun)1時51分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

バルセロナ
バルセロナ【写真:Getty Images】

【レアル・ソシエダ 2-2 バルセロナ リーガエスパニョーラ第17節】
 
 リーガエスパニョーラ第17節、レアル・ソシエダ対バルセロナの試合が現地時間14日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わっている。

 試合開始して12分、ソシエダのコーナーキックのシーンでバルセロナの選手がペナルティーエリア内でファールを犯したとしてソシエダにPKのチャンスが与えられた。このPKをミケル・オイアルザバルが決めてソシエダに先制点が入る。

 それでも38分、ルイス・スアレスのパスに抜け出したアントワーヌ・グリーズマンがゴールを決めてバルセロナが同点に追いつく。さらに49分、リオネル・メッシのアシストからスアレスが得点しバルセロナが逆転に成功。スアレスは前節のマジョルカ戦に続く1ゴール1アシストとなった。

 しかし、62分にGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが弾いたボールをソシエダのアレクサンデル・イサクに押し込まれ再び同点に。結局、試合は2-2の引き分けに終わっている。2位のレアル・マドリーがバレンシアに勝利した場合、今節で首位バルセロナとの順位が入れ替わることになる。次節は現地時間18日にバルセロナのホームでレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”が行われる予定だ。

【得点者】
12分 1-0 オイアルザバル(ソシエダ)
38分 1-1 グリーズマン(バルセロナ)
49分 1-2 スアレス(バルセロナ)
62分 2-2 イサク(ソシエダ)

【了】

新着記事

↑top