日本代表、日韓戦は手も足も出ず完敗。森保監督「戦術的に後手を踏んだとは思わない」【E-1サッカー選手権】

2019年12月18日(Wed)23時32分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

森保一
日本代表を率いる森保一監督【写真:田中伸弥】

【日韓戦どこよりも早い採点はこちら】

【韓国 1-0 日本 E-1サッカー選手権第3戦】

 日本代表は18日、EAFF E-1サッカー選手権2019決勝大会の最終戦で韓国代表に0-1の敗戦を喫し優勝も逃した。

 日本にとっては引き分け以上で優勝が決まる有利な状況だったが、序盤からホームの大声援を受けた韓国の猛攻に晒されて防戦一方となる。そして前半にゴールを許し、後半も劣勢を覆せないまま敗れた。

 試合後、日本代表を率いる森保一監督は記者会見に出席し「相手の圧力に押されてしまったところで、主導権を握れずに先制点許して余裕を与えたことは反省しなければいけないし、選手の成長につなげていければ」と押し込まれ続けた前半のゲーム運びを悔やんだ。

 とはいえホームの韓国が序盤から激しく前に出て圧力をかけてくるのは事前に想定できていたこと。森保監督は「技術や戦術の前に、球際の戦いがあると伝えていました」というが、「上回っていけなかったのは、選手に準備してもらう段階で監督として(伝え方が)足りなかったと思う。反省している」と自身の責任に言及した。

 スコアは0-1だったが、手も足も出なかった内容を見ると完敗だった。後半の修正も思うようにいっている様子はなく、最後まで韓国のゴールを脅かすに至らず。反省の弁を述べていた森保監督だが、試合内容に関しては「戦術的に後手を踏んだとは思っていない」と語った。

「選手も個々のケアが遅れたり、強度で足りなかったのが、相手に上回られてしまった部分。選手たちがこの強度の中で、打ち勝っていって、さらにそれぞれに技術も、両方とも兼ね備えていかなければ国際大会では勝てない」

 森保監督は、「プレッシャーのかかった中で自分の良さを出して、勇気を持ってチャレンジできる選手がいたことは収穫」と述べつつ、国内組、そして東京五輪世代の若手選手たちに一層の奮起を促した。強度の高い試合で球際の攻防で受けに回るのではなく、相手を制して技術を発揮できることが、今大会に参加した選手たちのA代表定着に向けて必要なことかもしれない。

(取材:植田路生【釜山】、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top