“もどかしさ”感じた上田綺世。「C・ロナウドがいたら決めていたかも」【E-1サッカー選手権】

2019年12月19日(Thu)0時36分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

上田綺世
日本代表の上田綺世【写真:Getty Images】

【日韓戦どこよりも早い採点はこちら】

【韓国 1-0 日本 E-1サッカー選手権第3戦】

 日本代表は18日、EAFF E-1サッカー選手権2019決勝大会の最終戦で韓国代表に0-1の敗戦を喫し優勝も逃した。

 1トップに入ったFW上田綺世はゴールを生み出すことができず、今大会を無得点で終了。代表初ゴールはまたもお預けとなったが、良い形でボールが来なかったという言い訳はしたくないと語る。

「取るか取らないかの二択だと僕は思っているので。僕は取れなかったですけど、クリスティアーノ・ロナウドとかが入っていたら取っていたかもしれない。その方法は僕には見つからなかったという感じです」とコメント。不利な状況も覆すほどの圧倒的な個の力を持てていないのが現実だという考えを示した。

 初戦でのポストプレーや周りを活かすプレーなど、「チームとして必要な動きはなんとなく見えてくるようになりました」とある程度の手応えも感じられた様子。「そういった部分は鹿島(アントラーズ)で培った部分も大きいのかなと感じています」と話しており、プロ入りを早めたことが成長に繋がったという感触もあるようだ。

 それでも今大会は、「結果論で言えばシュートを打てなかった遠征でした」と上田。ゴールに迫るために何かが足りないという「もどかしさ」を感じたとして、「ひらめきや感覚的にもゴールに近づける選手になる必要があるなと感じました」と自身の課題を口にしている。

【了】

新着記事

↑top