相馬勇紀
MF相馬勇紀が鋭いミドルシュートでU-23日本代表に同点ゴールをもたらした【写真:Getty Images】

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【日本 1-1 シリア U-23アジア選手権・グループB第2節】

 サッカーU-23日本代表は12日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)のグループリーグ第2節でU-23シリア代表と対戦している。

 初戦のU-23サウジアラビア代表戦を1-2落としていたU-23日本代表は、シリア戦に向けてスタメンを6人変更。森保一監督は3-4-2-1の布陣を継続し、GKに大迫敬介、3バックに右から渡辺剛、岡崎慎、町田浩樹が起用され、ボランチには齊藤未月と松本泰志が入った。

 そして右ウィングバックはサウジアラビア戦に続き橋岡大樹が務め、左ウィングバックに攻撃的な相馬勇紀がスタメン出場。2シャドーは食野亮太郎と森島司が担い、1トップに上田綺世が陣取る。このうち町田、齊藤、松本、相馬、森島、上田が今大会初先発となった。

 直前に行われた試合でサウジアラビアとカタールが0-0で引き分けたものの、シリアに負けて2連敗ならグループリーグ敗退が決まる日本は、開始早々から窮地に立たされる。6分、相手コーナーキックの場面で、頭から突っ込んできたシリアのDFファレス・アル・ナウトに対して町田が足を高く上げてしまう。

 するとアル・ナウトは顔を抑えて、やや大げさに痛がりながらピッチに倒れ込む。接触があったか微妙な場面ではあったが、主審はVAR(ビデオアシスタントレフェリー)の助言を受けて、ピッチ横に設けられたモニターで映像によるレビューを行い、シリアにPKを与えた。

 いきなり千載一遇のチャンスを得たシリアは、FWアブドゥルラフマン・バラカトが落ち着いてPKを沈める。日本は早々に失点を喫して崖っぷちに立たされてしまった。

 先制点を手にしたシリアは、自陣に引きこもって堅い守備ブロックを形成し、日本はボールこそ握れるものの攻めあぐねる展開が続く。

 なかなかフィニッシュまで持ち込めない中でも、チャンスは生まれる。26分、斜めの鋭いパスを上田がペナルティエリア内で受ける。A代表経験も持つストライカーはそのまま反転して鋭いシュートを放つが、これは惜しくもゴール左に外れてしまった。

 28分には左サイドから上がったクロスの処理に相手DFがもたついたところ、ペナルティエリア内右で橋岡が拾ってボレーシュート。だが、今度はGKの好セーブに遭ってゴールネットを揺らすには至らなかった。

 攻め続ける日本は、初先発の相馬が吠えた。30分、左サイドからペナルティエリア手前まで切り込んできた相馬は、自ら打ったシュートのこぼれ球に反応して再び右足を振り抜く。グラウンダーのシュートはゴール左隅に吸い込まれていった。

 想定外のPK献上から開始早々に失点したうえ、蒸し暑さもあってなかなかプレー強度や運動量が上がらない難しい前半となったが、U-23日本代表はなんとか1-1に追いついて後半へと向かう。

【得点者】
9分 0-1 バラカト(シリア)
30分 1-1 相馬勇紀(日本)

【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top