U23日本代表
U-23日本代表【写真:Getty Images】

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表 U-23アジア選手権・グループB組第2節】

 AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)・グループB組第2節、サッカーU-23日本代表対U-23シリア代表の試合が12日に行われた。日本は1-2の敗戦を喫している。

 第1節のU-23サウジアラビア戦では、先制された後に食野亮太郎が同点ゴール。しかし、後半終盤に相手の勝ち越し弾を許してU-23日本代表は1-2の敗戦を喫した。今回のシリア戦では上田綺世や食野、森島司などを先発起用している。

 試合開始して5分、シリアのアブドゥルラフマン・バラカトに突破されてシュートを打たれたがGK大迫敬介のファインセーブにより失点を免れる。だが、その流れからのコーナーキックでファール。

 VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定により、ペナルティーエリア内のファールだったため相手にPKのチャンスを与えてしまった。そして、9分にバラカトがPKを決めてシリアに先制点が入る。

 対する日本も28分、橋岡大樹がシュートを放つがGKウィリアム・ガンナムに弾かれた。それでも30分、相馬勇紀が放ったシュートがゴール左に突き刺さり日本が同点に追いつく。83分には上田に決定的なシーンが訪れたがゴールネットを揺らすことは出来ず。反対に88分、カウンターからアハマド・ダリにゴールを決められた。日本は1-2の敗戦を喫し、2連敗で敗退が決まっている。

【得点者】
9分 0-1 バラカト(シリア)
30分 1-1 相馬勇紀(日本)
88分 1-2 ダリ(シリア)

【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top