吉田麻也、19/20前半戦の評価は? 0-9で失った居場所。その後の出場は5分のみ【欧州日本人中間査定(14)】

新年を迎え、2019/20シーズンは後半戦へと突入した。欧州各国でプレーする日本人選手たちはどのような活躍を見せたのか。今回はサウサンプトンでプレーする吉田麻也の前半戦を振り返る。(文:編集部)

2020年01月27日(Mon)10時10分配信

シリーズ:欧州日本人中間査定
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ベンチで迎えた8季目の開幕

0127Yoshida_getty
サウサンプトンの吉田麻也【写真:Getty Images】

 オーバーエイジとして、キャプテンマークを巻いて出場したロンドン五輪を終えた2012年夏に、吉田麻也はサウサンプトンに加入した。昨シーズンは、18年12月に就任したラルフ・ハーゼンヒュットル監督の信頼を掴み、主に3バックの中央を務めている。しかし、迎えたプレミアリーグ8季目は苦しい状況に追い込まれた。

 吉田は下部組織出身の24歳MFのジェームズ・ウォード=プラウズと並び、チームの最古参の一人となった。年齢で見ても、32歳のFWシェイン・ロングに次いで、2番目の年長者である。

 しかし、在籍年数も年齢も、ピッチの中では何の価値も持たない。0-3で敗れたバーンリーとの開幕戦で、3バックの中央を務めたのはジャック・スティーブンス。吉田はベンチで90分間を過ごした。

 チームが大敗したこともあり、次戦のリバプール戦で吉田にチャンスが回ってきた。ボールを終始支配された試合は1-2で敗れたが、5バックの中央でプレーした吉田にメディアからおおむね高い評価が与えられている。

 その後は徐々に先発の機会を掴み、第7節以降は4試合連続でスターティングラインナップに名を連ねた。しかしその4試合目、10月25日に行われたレスター戦で、吉田とチームは悪夢に襲われることになる。

悪夢だったレスター戦

 開幕から好調を維持して上位に食い込むレスターに対して、下位をさまようサウサンプトン。対照的な両チームの対戦は、開始10分に決定的なプレーが起きた。

 レスターは10分、ボール奪取から素早く敵陣に攻め入ると、ベン・チルウェルが先制点を挙げる。この際、ボールを奪われたシーンでライアン・バートランドのファウルは流されていたが、VARによって危険なプレーと判断されてレッドカードが与えられた。

 10人で残り80分を戦わなければいけなくなったサウサンプトンは、その後も失点を重ねた。吉田もユーリ・ティーレマンスとアジョゼ・ペレスのワンツーで翻ろうされて3失点目を喫する。DFラインはゴールエリアの手前まで下がり、その前のスペースを面白いように使われた。

 サウサンプトンは前半だけで5失点を喫したが、レスターの猛攻が収まることはなかった。ペレスとジェイミー・ヴァーディーにはハットトリックを許し、最終的には0-9というスコアでの歴史的敗北を喫した。

 0-9はもちろん吉田だけの責任ではない。しかし、この試合をきっかけに立場が大きく変わったのもまた事実である。結果的にこのレスター戦後、吉田がリーグ戦でプレーしたのは1点リードで迎えたノリッジ戦の終盤5分間のみ。ベンチが定位置という苦しい状況に置かれている。

チームは好調。吉田にチャンスは訪れるか

 センターバックはスティーブンスとヤン・ベドナレクが不動の地位を築いている。1月21日のクリスタル・パレス戦ではケガのベドナレクに代わってヤニク・ヴェステルゴーが出場している。吉田は現状でセンターバックの4番手という序列になるだろう。

 サウサンプトンは降格圏をさまよい続けたが、3バックから4バックへの変更が奏功した。チェルシーやトッテナムから勝ち点3を奪い、1月11日にはレスターとの“リベンジマッチ”にも勝利するなど、チームの調子は上向いている。

 第14節以降は7勝3敗1分けで順位を9位まで上げた。5位マンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差はわずか3で、9ポイント差の4位チェルシーすら視界に捉えている。好調を維持するチームが最終ラインに手を入れることは考えにくい。出場機会があるとすれば、試合終盤にDFラインの枚数を増やす必要に迫られたときくらいだろう。

 吉田はプレミアリーグで154試合という実績を7年半で積み重ねてきた。その間、ジョゼ・フォンテ、デヤン・ロブレン、トビー・アルデルワイレルド、フィルジル・ファン・ダイクといった欧州を代表するDFたちと競争し続け、生き延びてきた。その経験を活かせるか、吉田は後半戦も戦い続ける。

(文:編集部)

【了】

新着記事

↑top