インテル、首位陥落。ラツィオとの上位対決で先制するも1-2で逆転負け

2020年02月17日(Mon)6時41分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

20200217_lazio_getty
【写真:Getty Images】

【ラツィオ 2-1 インテル セリエA第24節】
 
 イタリア・セリエA第24節、ラツィオ対インテルが現地時間16日に行われた。試合はアウェイのインテルが1-2で敗れた。

【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。2ヶ月無料お試し実施中】


 2位インテルと3位ラツィオの上位対決となった試合は7分、ラツィオのミリンコビッチサビッチが強烈なミドルシュートもボールはバーに当たりゴールならず。19分にはインテルがカウンターから最後はルカクがシュートもGKにブロックされる。

 このままハーフタイムに入るかと思われた44分、カンドレーヴァのミドルシュートをGKが弾きこぼれ球をアシュリー・ヤングが押し込みインテルがリードして折り返す。

 後半開始直後にラツィオが同点に追いつく。50分にインモービレがペナルティーエリアでベシーノに倒されPKを得ると、インモービレが落ち着いて決める。

 振り出しに戻った試合は69分、右コーナーキックのチャンスを得たラツィオは混戦から最後はミリンコビッチサビッチが左足でゴールを決め勝ち越しに成功する。

 1点ビハインドとなったインテルは同点ゴールを奪うべくモーゼス、エリクセン、アレクシス・サンチェスと次々に攻撃的な選手を投入するもラツィオゴールをこじ開けることが出来ない。

 結局このまま試合は終了、勝利したラツィオは2位に浮上し敗れたインテルは3位に後退した。

【得点者】
44分 0-1 ヤング(インテル)
50分 1-1 インモービレ(ラツィオ)
69分 2-1 ミリンコビッチサビッチ(ラツィオ)

【了】

新着記事

↑top