ブラジルリーグは狂気的に過酷! 本田圭佑も参戦、複雑怪奇なシステムと過密日程の全貌を総ざらい

2020年02月28日(Fri)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

トップレベルがしのぎを削る全国選手権

ボタフォゴ
【写真:Getty Images】

 ブラジルサッカー界で下半期の話題の中心は全国選手権だ。セリエA(1部)〜セリエD(4部)まで分かれ、全128クラブがしのぎを削る。ボタフォゴが所属するのは全国からトップレベルの20クラブが集まるセリエAだ。

 2019年度のブラジル全国選手権1部を制したのは、フラメンゴだった。セリエAでは20クラブ中、上位4クラブが南米最強を決めるコパ・リベルタドーレスのグループリーグ出場権を獲得する。そして5位と6位のクラブが同大会のセカンドステージに進む。なお前年度にコパ・ド・ブラジル、コパ・リベルタドーレス、コパ・スダメリカーナで優勝したクラブが6位までに入っていた場合、7位以降のクラブに出場のチャンスが広がる。

 欧州におけるヨーロッパリーグ的位置づけのコパ・スダメリカーナには、セリエAの7位から12位までのクラブがファーストステージから参戦する。2020年の場合は前年1位フラメンゴが前年のコパ・リベルタドーレスを制覇、同5位のアトレチコ・パラナエンセがコパ・ド・ブラジルを制したため、9位から14位までのクラブがコパ・スダメリカーナ出場権を獲得した。

 セリエB降格となるのは17位から20位までの4クラブで、欧州で一般的な3クラブよりも多くなっている。なおボタフォゴは昨年15位だったため、今年は南米のカップ戦出場権を1つも持っていない。

▽2020シーズンのブラジル全国選手権1部参戦クラブ
フラメンゴ
サントス
パルメイラス
グレミオ
アトレチコ・パラナエンセ
サンパウロ
インテルナシオナル
コリンチャンス
フォルタレーザ
ゴイアス
バイーア
ヴァスコ・ダ・ガマ
アトレチコ・ミネイロ
フルミネンセ
ボタフォゴ
セアラー
レッドブル・ブラガンチーノ(昇格)
スポルチ・レシフェ(昇格)
コリチバ(昇格)
アトレチコ・ゴイアニエンセ(昇格)

【次ページ】多種多様なカップ戦

1 2 3 4 5

新着記事

↑top