ブラジルリーグは狂気的に過酷! 本田圭佑も参戦、複雑怪奇なシステムと過密日程の全貌を総ざらい

ブラジルの名門ボタフォゴに加入した本田圭佑の、新天地での公式戦デビューが近づいている。彼にとって初めてとなる南米で、特にブラジルサッカー界は試合数の多さや過酷な環境で知られている。まだ日本ではあまり知られていないブラジルサッカー界の構造と、過密日程の全貌を理解すれば本田の新たな挑戦をより一層楽しめるに違いない。

2020年02月28日(Fri)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ブラジルサッカーは世界一過酷!?

本田圭佑
【写真:Getty Images】

 ブラジルのサッカー界は、おそらく世界一過酷なスケジュールで回っている。とにかく大会数やそれに伴う試合数が多いのだ。過密日程との戦いはボタフォゴに加入した本田圭佑も避けては通れない道だ。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 トップレベルのクラブになると、上半期には各州選手権のリーグ戦をこなし、下半期は全国選手権のリーグ戦に臨む。それらと並行して国内カップ戦や、コパ・リベルタドーレスなどの大陸選手権も戦わなければならない。

 また、欧州では1部リーグが中断になる国際Aマッチウィーク中も州選手権や全国選手権の試合が組まれる。年間を通してほとんど休みがなく、毎週のように2試合ずつこなしていく。ベテラン選手とて言い訳はできず、各クラブにはそれに対応できる陣容を整えなければ勝ち続けられない。

 本田の場合、リオデジャネイロ州選手権や全国選手権のリーグ戦、その他カップ戦の合間の国際Aマッチウィーク中はカンボジア代表監督としての活動もある。夏には夢と公言する東京五輪も控えており、クラブと代表での活動をいかに両立してこなしていくかも注目される。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top