本田圭佑

CFパチューカ 本田圭佑に関する記事

20170910_honda2_getty

本田圭佑、初スタメンで見えた課題と可能性。「新境地」インテリオールをものにできるか 2017.09.10

パチューカは現地時間9日、チーバスと対戦して1-3と敗れた。移籍後初となる先発出場を果たした本田圭佑は、最高の働きをしたとは言いがたい。それでもこれからフィットすれば代表にとっても面白い選択肢になるかもしれない。(文:河治良幸)

パチューカ2戦目も途中出場となった本田圭佑

本田圭佑、途中出場で存在感。離脱者続出&10人の逆境…メキシコ2戦目で示したキープ力 2017.08.26

現地時間25日、本田圭佑が所属するパチューカはリーガMX(メキシコリーグ)第7節のティファナ戦に臨み1-2で敗れた。前半に先制点を許し、退場者を出したパチューカにあって、本田はハーフタイム明け後半開始のタイミングで途中出場。試合には敗れたものの、前線でボールを収めるなど存在感を示した。(文:河治良幸)

22日のメキシコデビュー戦でゴールを決めた本田圭佑

本田圭佑、メキシコ2戦目は“偽9番”? パチューカの「背番号2」、新境地開拓か 2017.08.25

8月22日のベラクルス戦でリーガMX(メキシコリーグ)デビューを果たし、ゴールも奪った本田圭佑。24日に発表された日本代表にも名を連ね、現地時間26日にはW杯アジア最終予選前最後のリーグ戦に臨む。デビュー戦ではインテリオールや2トップ気味の位置でのプレーとなったが、次戦では“偽9番”で起用される可能性もありそうだ。(文:河治良幸)

20170823_honda_eyecatch

本田圭佑、メキシコデビュー戦ゴールで示した真価。左足一閃、鮮烈ミドル弾のインパクト 2017.08.23

現地時間22日、リーガMX(メキシコリーグ)第6節の試合が行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカはベラクルスと対戦した。本田は58分に途中出場しリーグ初出場を果たすと、73分には左足で強烈なシュートを放ち初ゴール奪取。負傷で出遅れていたものの、最高のメキシコデビューを飾った。(文:河治良幸)

本田圭佑

本田圭佑、ついにメキシコデビューへ。前節ライバルたちが躍動…背番号「02」の起用法は? 2017.08.22

パチューカ加入以降、負傷などで出遅れていまだに試合出場を果たせていない本田圭佑。18日のモレリア戦でも招集外となっていたが、ついにメキシコデビューの日が近づいている。現地時間22日に行われるホームでのベラクルス戦に出場する公算が高まってきた。背番号「02」の日本代表MFはどんな形で起用されることになるのだろうか。(文:河治良幸)

本田圭佑

本田圭佑、メキシコデビューは22日か。調子上げるパチューカの中盤で求められる重要タスク【識者の眼】 2017.08.18

メキシコ1部のパチューカへ移籍した日本代表MF本田圭佑だが、いまだ試合に出場できていない。19日のモレリア戦も招集外となり、デビューは次節以降に持ち越しとなりそうだ。とはいえ本田には重要なタスクがある。新戦力の背番号2は調子を上げつつあるチームをさらなる上昇気流に乗せることができるだろうか。(文:河治良幸)

パチューカに加入した本田圭佑

本田圭佑のポジションはどこに? パチューカ、開幕戦で見えたベースの戦い方と求められる役割 2017.07.25

日本代表の本田圭佑が加入したメキシコ1部・リーガMXのパチューカ。クラブW杯にも出場する北中米屈指の強豪であるが、リーグ戦前期の開幕戦となるUNAM戦では1-0で敗れた。本田は欠場となったが、出場するとすればどのポジションになるのだろうか。第1節の内容から、本田が入った場合のポジションや役割について考察する。(文:河治良幸)

メキシコ1部パチューカへの加入が決まった本田圭佑

本田の新天地、メキシコのパチューカとは? 北中米最強クラブにある競争、教育、そして野心 2017.07.15

ミランを退団してフリーになっていた日本代表MF本田圭佑の移籍先が、日本時間14日に突如発表された。次なる戦いの場はメキシコリーグの名門パチューカに決まった。北中米カリブ海王者として今年のクラブW杯にも出場する強豪はどんなクラブなのだろうか。何が本田の好奇心に「刺激」を与えたのだろうか。(文:河治良幸)

ミランのMF本田圭佑

本田、ミランで再評価の理由。最終戦で託されたキャプテンマーク。失わなかった実直さ 2017.05.30

28日、セリエA最終節が行われ、ミランの本田圭佑は今季はじめてフル出場。前節のボローニャ戦で直接フリーキックからゴールを決めた日本代表MFは、ミランでのラストゲームではキャプテンマークを託された。シーズンを通してベンチを温める時間が長かったが、なぜ最終盤にきて出場機会が与えられたのか。その理由を思案してみれば、本田圭佑の本質的な魅力の一端が見えてくる。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

フリーキックからゴールを奪った本田圭佑を祝福するミランの選手たち

本田のFK弾に歓喜したミラン。全選手が作った輪。3年半の集大成で残した爪痕 2017.05.22

21日、セリエA第37節が行われ、ACミランがボローニャに3-0で勝利した。今シーズンなかなか出場機会に恵まれなかった本田圭佑は、この試合に途中出場。直接フリーキックから今季初ゴールを奪い、チームをEL予備予選出場圏内に導いた。日本代表MFの得点後にはミランの全選手が集まって輪を作り、仲間のゴールを祝福。チームを盛り立ててきた選手の活躍に歓喜していた。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田圭佑

本田、なぜ突然使われた? 短時間でも上々のプレー、疲弊するミランの助けになる可能性も 2017.04.24

ミランは現地時間23日、セリエA第33節でエンポリとホームで対戦。ミランは戦術的に攻略を図る格下エンポリに押し込まれ、1-2の黒星を喫した。日本代表FW本田圭佑は昨年12月以来となるリーグ戦出場を果たし、短い時間ながら懸命なプレーを見せた。今季限りで契約満了による退団が濃厚な本田だが、シーズン終盤で疲労するチームの助けになることはできるのだろうか?(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田圭佑

本田の米移籍、噂の真相。契約解除の道阻む、ミラン経営譲渡問題の混迷【現地記者解説】 2017.03.09

今季のミランで出場機会がほとんど訪れていない本田圭佑。この冬にはミランとの契約を解除し、アメリカMLSのシアトル・サウンダーズへ移籍するのではとも報じられた。しかし、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は本田の移籍を完全否定し、クラブへの残留を明言している。果たして、報じられたアメリカ移籍という噂の真相は何だったのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田

本田、ミランで戦力と評価されない理由。名門の経営難に翻弄された“10番”の苦闘【海外組の真価~日本人選手の現在地】 2017.02.20

これまで日本代表をけん引してきた選手たちが所属クラブで出場機会を失い、踊り場にあるように思える日本サッカー。いま改めて海外組の現在地を探っていきたい。今回取り上げるのは、ミランの本田圭佑。名門で10番を背負う日本代表MFは「ミランに在籍する実力はない」と批判されながらも、加入後2年半で公式戦83試合に出場するなど一時は主力としてプレーしてきた。しかし名門の経営難に翻弄された本田は、今季は出場機会を得ることができず、退団は既定路線とされている。果たして、本田はなぜ戦力として評価されなくなってしまったのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ACミラン

ミラン、2人退場から掴んだ奇妙な勝利。ボローニャの“自滅劇”を呼び込んだ3つの要因とは 2017.02.09

ミランは現地時間8日、延期となっていたセリエA第18節でボローニャとアウェイで対戦。2人の退場者を出して9人で戦っていたミランだったが、試合終了間際に決勝点を挙げて1-0の勝利を収めるという、なんとも奇妙な試合だった。ボローニャのロベルト・ドナドーニ監督は「どんな悪夢よりもひどい」と“自滅劇”を嘆いていたが、ミランが9人で勝利を掴み取ったのには3つの要因があった。(取材・文:神尾光臣【ボローニャ】)

本田圭佑

本田の出場はやはり望み薄か。泥沼ミランは連敗脱出へ…指揮官が示唆した先発変更の可能性 2017.02.08

ミランは現地時間8日、延期分となっていたセリエA第18節でボローニャとアウェイで対戦する。今季は試合内容も悪くなく、チームは成長を続けているが、リーグ戦で3連敗を喫しているミラン。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は先発メンバーの変更を前日の記者会見で示唆したものの、やはり本田圭佑の出場は望み薄の状況である。(取材・文:神尾光臣【ボローニャ】)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top

        プッシュ通知で最新情報をお届けします

        通知許可ポップが表示されたら
        許可ボタンを押してください

        • 後で
        • 最新情報を受け取る