本田圭佑

CFパチューカ 本田圭佑に関する記事

本田圭佑

本田圭佑がパチューカで掴んだ絶対的信頼。幅広い起用法、実力の証明たる柔軟性 2018.02.16

本田圭佑は、パチューカのディエゴ・アロンソから揺るぎない信頼を獲得したようだ。これまで度々フォーメーションを変えながら戦ってきたチームにおいて、どんな戦い方でも最適な役割を与えられてきた。このポジションにとらわれない柔軟性は本田の新たな武器になっていくかもしれない。(文:河治良幸)

180213_honda2_getty

本田圭佑、大車輪の後期4アシスト目。驚異の得点率をもたらす多彩なコーナーキック 2018.02.13

本田圭佑が止まらない。メキシコ1部の後期第6節でアシストを記録し、ここまで6試合すべてでゴールに絡む大車輪の活躍を披露している。特にコーナーキックからの3アシストは実に多彩で、得点につながる確率は驚異的。日本代表の新たな武器になる可能性も秘めている。(文:河治良幸)

本田圭佑

本田圭佑はなぜアフリカに進出したのか? チャリティを「支援」だけで終わらせない壮大な夢 2018.02.09

本田圭佑がアフリカでクラブ運営およびチャリティを開始している。チャリティは単発ではなく最低でも2年は行う予定だというが、単純な支援が目的ではない。そこに込められた思いとは何か。(取材・文:植田路生)

本田圭佑

本田圭佑、ハリルJ復帰への猛アピール。無回転FK弾とトップ下起用が追い風になるか 2018.02.05

本田圭佑が絶好調を維持している。現地時間3日の試合で圧巻の無回転フリーキックを沈め、後期リーグ3ゴール目を奪った。パチューカを勝利に導くことはできなかったが、最近のトップ下起用も好調ぶりを後押ししている。昨年11月以来となる日本代表復帰、そしてロシアワールドカップに向けて追い風が強く吹き始めた。(文:河治良幸)

本田圭佑

本田圭佑、攻撃で圧倒的存在感。4試合連続で得点に関与…前期王者を陥れた本物の“巧さ” 2018.01.29

現地時間27日に行われたメキシコ1部後期リーグの第4節、パチューカの本田圭佑は先発出場でゴールを奪った。チームは前期王者ティグレスに2-3で敗れたものの、これまでと違う形でのゴールで本田が示した“巧さ”は際立った。4試合連続で得点シーンに絡んで、その存在感は圧倒的なものになりつつある。(文:河治良幸)

本田圭佑

本田圭佑がアシストで示したトップ下の資質。日本代表の新たな“ソリューション”となるか 2018.01.22

現地時間20日に行われたメキシコ1部後期リーグ第3節で、パチューカの本田圭佑はロボスBUAPを相手に2アシストを記録してチームの快勝に貢献した。試合後には自身のツイッターで「サッカーのアシストを通算化してランキングにするのはどうか。もっと多くの選手が評価される機会が増えるようになる」と提言した本田。ロボスBUAP戦ではその「アシスト」で自らのトップ下としての資質を改めて証明した。(文:河治良幸)

eyecatch_honda

キッカー・本田圭佑に見る可能性。CKから好機演出。ハリルJでも貴重に【識者の眼】 2018.01.15

1月13日、リーガMX(メキシコリーグ)後期第2節が行われ、本田圭佑の所属するパチューカは名門クラブ・アメリカと対戦し、2-2で引き分けた。この試合でトップ下に入った本田は流れの中だけでなくセットプレーからも好機を演出。コーナーキックからアシストも記録している。セットプレーのキッカーが定まらない日本代表にとって、キッカー・本田圭佑は魅力的なオプションとなるだろうか。(文:河治良幸)

本田圭佑

本田圭佑、2018年はゴールで開幕。代表復帰へ…パチューカの右サイドで不動の存在に 2018.01.07

メキシコ1部の後期リーグが開幕した。現地時間6日に後期リーグの開幕戦が行われ、パチューカに所属する本田圭佑はさっそくスタメン出場しゴールも挙げている。チームは敗れたが、大きな存在感を放ったことで、日本代表復帰に向けていい形で2018年のスタートを切った。(文:河治良幸)

本田圭佑

本田圭佑、パチューカで過ごした充実の半年間。3度目のW杯出場へ…何が求められるのか? 2017.12.26

今年7月にメキシコのパチューカに加入した本田圭佑は、移籍当初こそ順応に時間を要したものの、徐々に周囲の信頼を確固たるものにしていき、半年間でチームに欠かせない存在となった。日本代表での立場は安泰ではないが、来年6月に自身3度目のW杯出場を無事迎えることができるだろうか。そのために必要なこととは何だろうか。(取材・文:河治良幸)

本田圭佑

本田圭佑、クラブW杯で真価発揮。中盤起用での躍動、ハリルJにもたらす可能性【識者の眼】 2017.12.14

12日、2017 FIFAクラブワールドカップUAEの準決勝が行われ、本田圭佑の所属する北中米カリブ海王者のパチューカは、ブラジルのグレミオを相手に延長戦の末に0-1で敗れた。初戦に続き中盤起用となった本田はチームの中心的選手として随所に存在感を発揮。敗れはしたものの、南米王者を相手に持てる力を存分に見せつけた。(文:河治良幸)

柏木陽介 本田圭佑

本田圭佑と浦和レッズの決定的な差。クラブW杯で何が明暗を分けたのか? 2017.12.12

アブダビで開催されているクラブワールドカップ2017において、本田圭佑の所属するパチューカと浦和レッズの初戦は明暗が分かれた。パチューカが延長戦にまでもつれる死闘を制したのに対し、アジア王者として登場した浦和はまさかの敗戦。両者には決定的な違いがあった。差は生まれるべくして生まれたのだ。(取材・文:植田路生【アブダビ】)

本田圭佑

本田圭佑、クラブW杯で放つ存在感。中盤の起点として機能、大舞台のキーマンに【識者の眼】 2017.12.10

9日、UAEのアブダビでクラブW杯準々決勝が行われ、本田圭佑の所属する北中米カリブ海王者パチューカは、アフリカ王者のウィダード・カサブランカに延長戦の末1-0で勝利した。本田は中盤でプレーし、正確なパスから何度もチャンスを演出。大舞台で持てる力をいかんなく発揮した。(文:河治良幸)

本田圭佑

本田圭佑、確立した自分だけの「右サイド像」。信頼つかんだ前期から収穫のW杯イヤーへ 2017.11.19

リーガMX前期リーグが終了した。負傷や高地順応で出遅れた本田圭佑は、転機を経て、パチューカで自身の右サイド像を作り上げている。クラブW杯、そしてW杯イヤーへと、活躍の土台はできつつある。(文:河治良幸)

本田圭佑

本田圭佑、流麗な4人抜き“ゴラッソ”。価値ある1点…メキシコからハリルに強烈アピール 2017.11.09

本田圭佑がメキシコでまばゆいばかりの輝きを放った。日本代表メンバーから漏れたことで出場できた、現地時間8日のコパMX準々決勝のティファナ戦で60mをドリブルで突破し、4人を置き去りにするスーペルゴラッソを決めて見せた。今後に向けて大きな意味を持つ重要な1点になるかもしれない。(文:河治良幸)

本田圭佑

本田圭佑、主力の一角として着実に高まる連係。照準は12月のクラブW杯へ 2017.11.05

現地時間4日に行われたメキシコ1部リーグ第16節でパチューカはケレタロをホームに迎え、0-1で敗れた。MF本田圭佑はフル出場を果たしたが、公式戦3試合連続ゴールは生まれず。チームはプレーオフ進出を逃したが、クラブW杯に照準を切り替えていかなければならない。(文:河治良幸)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top