レバンドフスキ、コロナウイルス対策に1億2000万円寄付。「一緒に戦おう」

2020年03月22日(Sun)15時50分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ロベルト・レバンドフスキ
【写真:Getty Images】

 バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、拡大が続いている新型コロナウイルスへの対策のため100万ユーロ(約1億1900万円)という巨額の寄付を行うことを決めた。独紙『ビルト』が22日に伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 中国を発生源とする新型コロナウイルスは世界中に拡大し、ドイツでも感染者や死亡者が急増中。ブンデスリーガも他国と同じく全試合が中止された状況が続いている。

 レバンドフスキは妻のアンナさんと共同で100万ユーロの寄付を行う形で事態の収束に貢献する姿勢を示した。「我々の置かれた困難な状況を誰もが理解している。今は全員がチームとして戦っている。一緒に力強く戦っていこう」とレバンドフスキ夫妻はコメントしている。

「誰かを助けられるのならそうしよう。この状況は全員に影響している。最も知識ある者の指導に従い、責任感を持ってほしい。すぐに普段どおりの生活に戻れると信じている。みんな一緒にこの状況を抜け出そう」とメッセージは続けられている。

 バイエルンでは、ドイツ代表MFレオン・ゴレツカと同代表DFヨシュア・キミッヒも合計100万ユーロの寄付を行うことを20日に表明。共同で基金を立ち上げ、コロナウイルス対策に向けて協力を呼びかけている。

【了】

新着記事

↑top