2位:赤い悪魔の新たな王様

ブルーノ・フェルナンデス
ブルーノ・フェルナンデスの能力値や今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

MF:ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表/マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1994年9月8日(25歳)
市場価格:6000万ユーロ(約72億円)
今季リーグ戦成績:17試合出場/8得点7アシスト(スポルティングCP)
今季リーグ戦成績:5試合出場/2得点3アシスト(マンチェスター・ユナイテッド)※5月4日時点


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ポルトガルの強豪・スポルティングCPではまさに「王様」的な存在だった。抜群のオフェンスセンスを持つ25歳のMFはゴールとアシストの両方を大量生産し、リーガの年間MVPを2年連続で受賞。国内最大のスターとして大きく活躍していた。そんな同選手は今冬にマンチェスター・ユナイテッドに移籍しているが、新天地でも変わらぬ才能を発揮し、ここまでリーグ戦5試合で2得点3アシストと決定的な仕事を果たし続けている。「赤い悪魔の新たな王様」と言ってもいいほどのパフォーマンスだ。

 ブルーノ・フェルナンデスは圧倒的な「攻撃力」を誇る選手である。MFであるが、FW顔負けの決定力を持っており、セットプレーのキッカーも務めるなどキックの質も非常に高い。また、サイドハーフとしても輝くなど「スピード」と「ドリブル」の威力も申し分なく、ミスを恐れず継続して縦パスを送り届けるなど、中盤でありとあらゆる武器を発揮できる選手だ。「攻撃力」、「パス」、「テクニック」、「ドリブル」はすべて「85」越えと高評価になっている。

「フィジカル」や「空中戦」こそ飛び抜けた数値ではないが、守備への献身性もあるのがポイント。豊富な運動量を活かしてボールを追い続け、チャンスと見れば身体を投げ出してタックルも仕掛ける。技術面のみに頼らず、ディフェンスでも存在感を示すことができるのが、B・フェルナンデスが大きく評価される所以とも言えるだろう。「守備力」も他のAMFと比較すると高い数字になった。

 B・フェルナンデスを今冬の移籍市場における移籍金最高額で獲得したマンチェスター・ユナイテッドだが、結果的にそれは成功だったと言える。名門復活へのカギはこの男が握ることになるのかもしれない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top