リバプールが見逃さなかったバルセロナの隙…。アンフィールドの感情が爆発した一撃をもう一度【欧州CL】

2020年05月11日(Mon)23時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

20200511_liv_getty
【写真:Getty Images】

 UEFAの公式ツイッターが、昨年のチャンピオンズリーグ準決勝でリバプールがバルセロナを相手に決めた印象深いゴールを紹介した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 敵地でのファーストレグを0-3で落としていたリバプール。決勝進出は誰の目から見ても厳しかった。

 しかし、アンフィールドで奇跡が起こる。7分にオリギのゴールで先制すると、後半の序盤にワイナルドゥムが2ゴール。3-3のイーブンとした。

 勢いづくリバプールは79分、ついに逆転弾を決める。右からCKのチャンスを得ると、ボールをセットしたアレクサンダー=アーノルドはシャキリにキッカーを任せる素振りを見せたが、視線はゴール前。素早く振り向いてグラウンダーのボールを中に入れると、完全に意表を突かれたバルセロナ守備陣は間に合わず、オリギがフリーで流し込んだ。

 バルセロナ相手に奇跡の逆転勝利を収めたリバプールは、決勝でトッテナムを下して優勝した。

 リバプールにとっての伝説の夜。勝負を決めた一撃を1年ぶりに振り返ってみよう。

1 2

新着記事

↑top