ドイツ1部再開、ドルトムントがダービー完勝も得点祝うハグも握手もなし…。“肘タッチ”も誕生

2020年05月17日(Sun)6時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

20200517_bvb_getty
【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガが現地時間16日に再開した。ヨーロッパ主要リーグで最初のリスタートとなったが、本来の姿を取り戻すにはもう少し時間が掛かりそうだ。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ブンデスリーガ1部は16日、デイゲームで5試合が開催された。その中で最初にゴールが生まれたのはボルシア・ドルトムント対シャルケのレヴィア・ダービー。29分にFWアーリング・ハーランドが決め、再開第1号ゴールとなっている。

 ダービーマッチでの先制点。通常であれば、ファンも選手も感情が爆発するシーンだ。しかし、スタンドは当然無観客のため歓声はなく、ゴールを決めたハーランドは体を揺らして笑顔で控えめにダンス。味方もソーシャルディスタンスを意識し、距離をあけて手拍子をするだけだった。

 その後、3点を加えたドルトムントは、ホームで宿敵シャルケに完勝。翌日にウニオン・ベルリンとのゲームを予定している首位バイエルン・ミュンヘンとの勝ち点差を1とし、暫定で2位につけている。

 ゴールを祝うハグも握手もないダービーマッチ。現在の状況を考えれば当然のことではあるが、スタジアムが普段の熱気を取り戻すには、まだ時間が必要になりそうだ。

 そういった状況で、新たなスタイルもみられている。ハグも握手も禁止された中、同時刻に開催されたライプツィヒ対フライブルクでは、先制点を決めたフライブルクのマヌエル・グルデが両肘を外につきだし、チームメートが次々と肘でタッチ。そのほかの試合でも同様のパフォーマンスが見られており、これからトレンドになるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top