大迫勇也所属のブレーメンが再開後初勝利! 1-0でフライブルク下す

2020年05月24日(Sun)0時31分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ブレーメン
【写真:Getty Images】

【フライブルク 0-1 ブレーメン ブンデスリーガ第27節】
 
 ブンデスリーガ第27節、7位フライブルクと17位ブレーメンの試合が現地時間23日に行われた。アウェイのブレーメンが1-0の勝利をおさめている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルスの影響で3月の試合を最後にリーグ戦が中断されていたものの、新規の感染者数や死亡者数が減少したことで無観客での再開が可能となった。ブレーメンは前節の再開初戦でレバークーゼンを相手に1-4の敗戦。対するフライブルクはライプツィヒと1-1の引き分けに終わっている。

 ブレーメンに所属する大迫勇也はベンチ入りを果たした。試合開始して19分、後方でボールを奪ってのカウンターから速攻でゴール前まで攻め上がると最後はブレーメンのレオナルド・ビッテンコートが右足を振り抜いて先制点を決める。

 64分にはジョシュ・サージェントに代わって大迫が途中出場を果たした。89分、フリーキックの流れからフライブルクのマヌエル・グルデにゴールネットを揺らされる。しかし、直前のプレーでボールに触れた別のフライブルクの選手がオフサイドポジションにいたとしてノーゴールの判定に。結局、1点を守り切ったブレーメンが1-0の勝利をおさめている。

【得点者】
19分 0-1 ビッテンコート(ブレーメン)

【了】

新着記事

↑top