日本の評価は2番目。FIFAが2023年女子ワールドカップの評価報告書を発表

2020年06月11日(Thu)6時54分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

FIFA
【写真:Getty Images】

 国際サッカー連盟(FIFA)が10日、2023年女子ワールドカップの誘致を目指す3候補に関しての評価報告書を発表した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2023年の女子ワールドカップには日本を含め、オーストラリアとニュージーランドの共催、コロンビアの3候補がある。ブラジルも誘致を目指していたが、現地時間8日に入札の取下げをFIFAに通知していた。そのため、3候補で争われることになったが、日本は2番目の評価を受けている。

 宿泊施設など複数の項目を数値化した平均点において、5点満点で最も高い評価をうけたのはオーストラリアとニュージーランドの共催で4.1点。日本は3.9点。コロンビアは2.8点だった。リスク評価においては、日本は「政府の支援」と「持続可能性」が中程度。それ以外は低リスクとの評価を得ている。なお、2023年女子ワールドカップから出場チーム数が24から32に変更される。開催地は今月25日に行われるFIFAの理事会で決定する予定だ。

【了】

新着記事

↑top