スペインでは2部の“45分間ゲーム”でシーズン再開。11日には1部もリスタート

2020年06月11日(Thu)17時35分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

スペイン
【写真:Getty Images】

 新型コロナウイルスによる中断から約3ヶ月ぶりに、スペインでもプロサッカーの公式戦が行われた。セグンダ・ディビシオン(2部)のラージョ・バジェカーノ対アルバセテ戦が現地時間10日に後半45分間のみ開催されている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 セグンダ・ディビシオン第20節のラージョ対アルバセテ戦はもともと昨年12月15日に開催。だがラージョのサポーターがアルバセテのウクライナ代表FWロマン・ゾズリャを中傷するチャントを歌ったことなどにより、ハーフタイムの時点で中断されていた。

 新型コロナウイルスによるリーグ中断も挟んだことで、前半から実に半年近くを経て後半が開催されることになった。前半は両チーム無得点で折り返していたが、後半に1点を奪ったラージョが1-0で勝利を収める結果となっている。試合は当然ながら無観客で開催された。

 続いて現地時間11日にはリーガ1部も再開される。再開初戦となるのは第28節、セビージャ対ベティスのダービーマッチだ。

 リーガ1部第28節のその他の試合は12日から14日にかけて開催。13日には久保建英の所属するマジョルカがバルセロナと対戦、14日には乾貴士の所属するエイバルがレアル・マドリードと対戦するなど注目のカードが組まれている。

【了】

新着記事

↑top