大迫勇也、今季リーグ戦6点目決めるも評価は平均点「43分の場面は大きなチャンスだったが…」

2020年06月21日(Sun)1時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

大迫勇也
【写真:Getty Images】

【マインツ 3-1 ブレーメン ブンデスリーガ第33節】
 
 ブンデスリーガ第33節、マインツ対ブレーメンの試合が現地時間20日に行われ、ブレーメンは1-3の敗戦を喫した。この試合で1ゴール決めたものの、地元紙『ヴェーザー・クーリアー』は大迫勇也にまずまずの評価を下している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ブレーメンに所属する大迫は先発出場。25分、フリーキックの場面からマインツのロビン・クアイソンに押し込まれて先にゴールを奪われてしまう。さらに30分、細かいパス回しから守備を崩されジャン・ポール・ボエティウスに追加点を決められた。43分には大迫に決定的な場面が訪れたが、ヘディングシュートはGK真正面に飛んでしまう。

 それでも58分、ゴール前で待ち構えていた大迫のもとにボールがこぼれ、すかさずシュートを放ち1点を返す。大迫にとっては今季リーグ戦6点目となった。しかし85分、マインツのエディミルソン・フェルナンデスにゴールを決められ再び2点差に。ブレーメンは1-3の敗戦を喫している。

 地元紙『ヴェーザー・クーリアー』は大迫に「4」の採点をつけた。(ドイツでは1から6までのうち、数字が小さいほど高評価)全体的にブレーメンの選手は「4」か「5」の評価で、GKイジー・パヴレンカがチーム最高評価となる「2」をつけられている。大迫に関する寸評では「43分、約5メートルの距離から繰り出したヘディングシュートはかなり大きなチャンスだった。だが、ボールはゴールネットに到達するほどの十分な勢いはなかった」とコメントしている。

【了】

新着記事

↑top