17位:アルゼンチンのボールハンター

ハビエル・マスチェラーノ
ハビエル・マスチェラーノの能力値や今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

MF:ハビエル・マスチェラーノ(元アルゼンチン代表/エストゥディアンテス)
生年月日:1984年6月8日(36歳)
市場価格:32.5万ユーロ(約3900万円)
今季リーグ戦成績:7試合出場/0得点1アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 アルゼンチン代表として4度のワールドカップ出場を誇る鉄人。リーベル・プレート、コリンチャンス、ウェストハム、リバプール在籍を経て2010年に加入したバルセロナでは、アンカーやセンターバックを高いレベルでこなし、チャンピオンズリーグ(CL)を筆頭に多くのタイトルをチームにもたらした。そして、昨年12月にはエストゥディアンテスへ移籍し、母国復帰。ここまでリーグ戦は7試合に出場している。

 そんなハビエル・マスチェラーノは、身長174cm・体重73kgと特別大柄なタイプではなく、「空中戦」などが圧倒的に強いわけではない。しかし、それでも守備面で大きく評価されるのは相手の攻撃の芽を早い段階で摘む危機察知能力や、相手に簡単に突破を許さない間合いの詰め方などが非常に優れているからだ。18位にランクインした長谷部誠同様、彼もまた、「IQ」でオフェンス陣と勝負できる選手である。

 さらにマスチェラーノは、タックルの上手さも絶品。決して「スピード」があるわけではないが、相手が「ドリブル」の勢いに乗る前にボールを刈り取ってしまうことが可能で、タックルを仕掛けるタイミング等も非常に秀逸だ。また、身体の使い方もピカイチで、「フィジカル」で大きく劣ることがないのも特徴的。バルセロナで磨いた足元の安定感もマスチェラーノが誇る自慢の一つと言えるのではないか。

 母国に復帰したことで「引退も近い」と報じられているマスチェラーノ。しかし、今冬に加入したエストゥディアンテスでは継続的に出場機会を得ており、即戦力としてボランチやCBとして起用されている。まだまだプレーできるのは確かだが…。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top